2014年03月26日 11:00

どこまで安くなるんだ…!とうとう1000円以下SIMで1GBの高速データ通信を楽天ブロードバンドLTEがリリース!

 


スマホ通信料のデフレが止まらない!

楽天ブロードバンドLTE が、スマホを月額945円から持てるデータ通信プランを改定したのですが、内容を見ると価格は据え置きで 一切の縛りなし 、通信は大容量かつ高速で、しかも3月27日までは 初期料金まで無料!?

ちょっと…これはいくらなんでも安すぎない…?


知らない人のためにまず簡単に説明しておくと、楽天ブロードバンドLTEは、docomoやSIMフリーのスマホで使えるデータ通信専用SIMカード。

データ通信のみのプランで月額料金は875円〜2,980円と格安。しかも、携帯電話会社の料金プランにはよくある 2年縛りや解約金もありません。


テータ通信回線はdocomoの携帯電話網を使うので、日本全国どこでも安心のエリアカバー率。かなりイケてる激安スマホが実現するサービスなんですよ。

楽天ブロードバンド LTE

1GBまで速度制限なし、超えても最大300kbps、これで月額945円…!?

さて今回改定された、月額945円の『エントリープラスプラン』ですが、かなりとんでもない事になっています。


月額料金はそのままで、高速通信ができる容量が 倍の1GBに増量。 さらに高速通信を使いきった時の速度も、 256kbpsから300kbpsにアップ。

正直TwitterやLINE、IP電話、ちょっとした検索などに使うには充分すぎるスペックですが、これで月額945円て…凄まじい…!


また月額1,960円の『ライトプラスプラン』も改定され、高速通信の容量は 3GBに増量 、高速通信を使いきった時の速度も、300kbpsにアップしました。

さらに、これだけではないんですよ…!

高速通信時間オプション誕生、24時間LTE使い放題420円

また新たに、 高速通信時間オプション[24時間] が誕生。


これが他にはない珍しいオプションで、必要な時に420円を支払うと、 LTEが24時間速度制限なしで使い放題に。 しかもこの間の通信は元々のプランには一切カウントされず、どれだけ使っても何の制限も受けないとのこと。

つまり普段は945円のプランでのんびり使い、急な出張や旅行の時は24時間無制限使う…なんて便利な使い方が可能になり、料金はしっかり抑えつつ、 いざという時にも超使えるサービスに進化。


ホテルのネットは有料だと1日1,200円もかかったりする事を考えると、高速通信時間オプション[24時間]で テザリングで仕事をしまくるもよし、動画を見まくるもよし

24時間あるので、ホテル1泊分の滞在時間フルに使ってもまだあり余る余裕が、いざという時に便利そうです。

いやはや、これじゃ携帯電話会社の高いスマホの料金払ってるのがバカみたいじゃないですか…!

2年縛りなし、3月27日まで初期費用4,200円も無料に!

もうこれだけでも充分使えるのですが、さらに3月27日までは初期費用4,200円も無料になるキャンペーンを行っているので、とりあえず試してみたいならまさに今がチャンス。

かかる料金は純粋に月額945円(エントリープラスプランの場合)だけで、いつ解約しようが解約金もなく、初期費用もなし…となると、2台目やお試し用、家族のスマホとして、また契約済みの格安SIMカードから切り替えるにも、最高のタイミングと言えそうです。

購入や料金の詳細はこちらからどうぞ。

楽天ブロードバンド LTE

※記事内の価格はすべて2014年3月26日時点での税込です。

楽天ブロードバンドLTEが使えるスマホの入手方法

ちなみに楽天ブロードバンドLTEが使えるスマホは、大きく分けると次の3種類になります。

1.docomoのスマートフォン

楽天ブロードバンドLTEはドコモの回線を使用しているので、ドコモのスマートフォンが使えます。機種変更で余っているスマホがあれば使えますし、 ドスパラ などでも中古・新品のスマホを購入できます。できればLTEに対応しているスマホを選ぶようにしましょう。

2.SIMロック解除済みの他社スマートフォン

また他社のスマホでも、ショップでSIMロックを解除してもらえば使える場合も。ただし何かしらの制約が出る可能性もあるので、下調べは充分にしておきましょう。

3.SIMフリースマートフォン

またAppleストアでオンライン販売している SIMフリー版iPhone や、家電量販店などで販売している Nexus7 LTE が使えます。また海外向けのSIMフリースマホも大抵は使えますが、一部帯域に対応していなかったり、電波法上問題があったりもするので、国内向けを選んでおくと無難です。


なおスマホによって差し込むSIMカードのサイズが違うので注意しましょう。iPhone5ならナノSIM、Androidの場合はマイクロSIMが一般的ですが、購入前に事前に調べておきましょう。

楽天ブロードバンド LTE

データ通信専用プランで電話をするには

また楽天ブロードバンドLTEはデータ通信専用プランですが、スマホに『SMARTalk』アプリを入れると、電話もできるようになります。

電話番号は050で始まるIP電話番号になりますが、基本料金は無料で、かかるのは30秒8.4円の通話料金だけ。着信だけならお金はかかりませんし、かけても一般的なスマホの半額以下の通話料なので、入れておいて損はないですよ。

SMARTalk

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。