2014年03月26日 12:08

世界で最も貧しいウルグアイ大統領「飛行機持ってないから乗せて」メキシコ大統領「いいよ」…仲良く帰国するときの様子が人気を呼ぶ

 

ウルグアイのホセ・ムヒカ大統領00
世界で最も貧しい大統領として知られるウルグアイのホセ・ムヒカ大統領。

贅沢に興味がなく資産の9割近くを寄付し、大統領専用機なども持たぬため、国際会議にはエコノミークラスで行くか、他の大統領に便乗させてもらうことが多いそうです。

そんなムヒカ大統領がメキシコ大統領専用の飛行機に同乗し、自国まで送ってもらっている時の様子が「かわいらしい」と話題を呼んでいました。

ウルグアイのホセ・ムヒカ大統領01
右がムヒカ大統領。

ウルグアイのホセ・ムヒカ大統領02
シートベルトを締めて、ちょこんとつつましく座っている感じが、確かにかわいらしい……。

メキシコのエンリケ・ペーニャニエト大統領(左)に頼んで乗せてもらったそうですが、なんだか居候な雰囲気が漂っていて、彼の人柄が垣間見える写真となっています。

ウルグアイのホセ・ムヒカ大統領03
メキシコ大統領の話をうんうんと聞いているところ。

ウルグアイのホセ・ムヒカ大統領04
いかにも好々爺といった感じで、世界中から人気の高いムヒカ大統領。

この様子に対して、海外掲示板も盛り上がっていました。

●きっと彼は、「ちょっと乗せて帰ってもらいたかっただけなのに、なんでこんな退屈な話をしてるんだ……」って思ってるかも。

↑メキシコからだけど、うちの大統領はあからさまにバカで、たやすくメキシコ裕福層やアメリカの政治家・企業に支配される、あやつり人形さ。ムヒカ大統領が表現していることの真逆を行っている。だから彼は退屈というよりも困惑していると思う。

●彼が貧しいってことは、税金をポケットに入れて腐敗してないってこと?

↑そうだね、あと90%くらいの収入をチャリティに寄付してるよ。

●彼は貧困っていうわけではない。もっとも貧困な大統領ってだけだ。自分専用の飛行機を持っていないということだ。

●ノルウェーの首相も専用飛行機ないよ。裕福だけど。

↑トナカイに乗って飛ぶのかい?

●次の大統領選のPRにはいいな。

●ウルグアイの大統領はPRはいらないよ。すでに人気だ。

●ウルグアイからだけど、私たちの大統領が他の大統領に乗せてもらうのはかなり一般的。大統領専用機はなく、国内を移動するときもヘリコプターだけ。
大きな会議には「Tango1」というアルゼンチン大統領専用の飛行機に乗せてもらっている。一度アルゼンチン大統領のことを「頑固」と呼ぶ事件があった直後に、会議のために乗せてもらうお願いをしていたので、みんなで興味深い旅になるだろうなと思っていた。

↑なかなか良い大統領をお持ちだね。

●彼がシートベルトをちゃんと装着しているのもなんかいい。彼はみんなのお気に入りのTio(スペイン語でおじさんの意)なんだ。

●今日、私はメキシコの大統領が写真うつりがいいと知った。

↑妻も写真写りいいよ。女優だし。

↑彼も俳優に見えるしね。

●ムヒカだっていい写りのときあるよ。
ウルグアイのホセ・ムヒカ大統領05

↑なんかハグしたくなった。

●この人を最初の世界大統領にしたいくらいだ。

↑まともな人に、そんなことを押し付けたくないとも思う。


普段から他国の飛行機に乗せてもらっている事実も興味深いですが、毎回それを素直にお願いしているというのも大統領の人柄のなせるわざなのかもしれません。

ウルグアイのホセ・ムヒカ大統領06
ちなみにこちらがムヒカ大統領の自宅で、同じく政治家である妻と犬と一緒に、郊外に暮らしているとのこと。
他に資産は20万円ほどのフォルクスワーゲン・ビートル(1987年型)だけで、収入の大半を寄付しているため生活費は1000ドル(約10万円)ほどだそうです。

2012年に話題となった、消費主義への警鐘スピーチは以下をどうぞ。
リオ会議でもっとも衝撃的なスピーチ:ムヒカ大統領のスピーチ (日本語版)

Uruguayan President Jose Mujica "the poorest president in the world" has no presidential plane so he asked the president of Mexico for a ride back to Uruguay

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(13)
この記事へのトラックバック
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。