2014年04月02日 12:14

オーストリア人「最高にクールなサムライを部屋の壁にペイントしてみた」 絵が苦手でも描けると称賛されていた手法

 

サムライを壁にペイント00
こちらはオーストリア人の家の壁にペイントされた、黒沢映画「七人の侍」の有名な1シーン。

なんと手描きだそうで、しかも全く絵のテクニックを必要としなかったそうです。

どんな風に描いたのか、メイキングの様子をご覧ください。

1.
サムライを壁にペイント01
まず必要なのは、まっさらな壁。
本人いわく、「この部屋はキッチンで、何もないこの退屈な壁をクールに見えるようにしたかった」とのこと。


2.
サムライを壁にペイント02
画材は黒インクといくつかの筆、ベタ塗りするためのローラーと、最低限のシンプルな物。


3.
サムライを壁にペイント03
そして秘密兵器となるのが、そうです、プロジェクター


4.
サムライを壁にペイント04
次に、描きたい素材を入手。
今回使ったのは、黒沢明監督の「七人の侍」の有名シーン。
(参照:七人の侍 | 映画の無料ディスクトップ壁紙


5.
サムライを壁にペイント05
写真を、白黒2階調のシンプルに(モノクロベクター化)変換。

たいていのグラフィックツールであれば簡単にできる作業で、この方は無料で使えるサイト「Inkscape」を利用したとのこと。
「手順:Path > Trace Bitmap > Brightness cutoff」


6.
サムライを壁にペイント06
プロジェクタを使って画像を投影。解像度は1280x720。


7.
サムライを壁にペイント07
ペイントしやすいように色を反転させます。


8.
サムライを壁にペイント08
そしていよいよ塗装へ。
最初に2mmの筆で境界線を描き、残りの部分を12mmの筆で。大半はローラーを使って塗りつぶしたそうです。


9.
サムライを壁にペイント09
そして完成したのがこちら!
慣れない作業であったこともあり、7時間を費やしたとのことです。

手間はかかりましたが、このクオリティの高さは感動的!

素材を変えればいくらでも応用が利くだけに、家族の写真を使うなど、世界にただひとつの壁に塗装してみるのも面白そうですね。

How to Paint Your Own Samurai Wall Still

EPSON プロジェクター EH-TW410 2,800lm WXGA 2.4kg
エプソン (2013-08-29)
売り上げランキング: 327

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(9)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。