2014年04月04日 10:18

サウジアラビア政府「無神論者はテロリストと同じ、禁固20年の可能性も」新法律に対する海外の反応

 

バベルの塔
近年、無神論者への弾圧が加速しているイスラム諸国。

サウジアラビアが発表したテロリズムに関する新しい法律によると、「無神論者はテロリストと同等」の扱いであり、それは刑務所に最大20年投獄されることを意味しると海外メディアが報じています。

Saudi Arabia Labels Atheists Equivalent With Terrorists

さらに罰則の対象は無神論者だけでなく、無神論者に同情した者まで含むと記述され、信仰を持たない人はサウジアラビアの敵と定められています。

過去にもこうした扱いはありましたが、正式に法律で定められたのは今回とのことです。

この新しいサウジアラビアの法律に対する、海外掲示板の反応をご紹介します。

●えっと、無神論がテロリズムだというなら、今後サウジアラビア政府は無神論者に投資し始めるってことかな。(テロ支援していたという疑いから)

●まず、ワハービ派やスンニー派のイスラム教徒以外は、無神論と分類するのではないかな?

↑全てのサウジアラビア市民は法律上ではムスリムで、別の宗教なら背信で有罪宣告されているよ。イスラム教であれば宗派は特に明記されていない。最悪なのはそれを変えようとする者には、神への冒涜だけでなく裏切り行為であると最高権威が認めている。神学至上主義だよ。

↑まあイギリスの1500年代も似たようなものだったけどね。日曜日にはイギリス国教会に通わなければならず、カトリックや他の無信心者たちは収監されたり処刑されたりしていたんだ。その法律は1800年代の半ばまで続いた。

↑なるほどサウジアラビアはほんの5世紀分、西洋から遅れてるだけなのか。

↑冗談のつもりかもしれないが、イスラム教は実際に西暦600年ごろに創立されたので、だいたいキリスト教から600年遅れている。

●サウジアラビアはイスラム教の代表でも基準でもないさ。
アラブ人以外への態度はひどいよ。いろいろ話を聞いたが、非アラブ人のイスラム教徒が事故を起こしたら、アラブに来てなければ事故は起こってないと言われるだとか、店で助けがいるときに何回も無視されるだとか、ようやく助けが来ると最高に不快な態度をとられたとかね。

●サウジアラビア人なら、ほぼ自動的にイスラム教徒で選択肢はない。移民はまた完全に違うんだが、ビザの申請には宗教を宣言することが必須となっている。自分は無神論者だがキリスト教と記入されている。少なくともそれは許可されているからだ。

●明らかにアルコールや麻薬などを気にしなさそうな王室も含むのかな。

●無神論者をテロリスト扱いする唯一の理由は、個人の考えや表現を増進させる流れが怖いからだろう。間違ってると言われることが怖いからだろう。なのでそれを避けるために有罪にしなくちゃいけない。

↑今それを見て、(中世の)暗黒時代の説明だと信じた。

↑いくつかの地域で、歴史のひどい状態に戻っていることは悲しいことだ。

↑いくつかの地域では、暗黒時代から文化的に抜けていない。

●みんな目を覚まして、オイルマネーで圧制的な君主制度に資金供給するのをやめようよ。カナダから買って。我々は無神論者を嫌わないよ。


日本のように無神論や無宗教者が多い国からすると考えにくい状況ですが、果たしてどうなっていくのでしょうか。

Saudi Arabia Doubles Down on Atheism; New Laws Declares It Equivalent to Terrorism

神は死んだ (エクス・リブリス)
ロン カリー ジュニア
白水社
売り上げランキング: 176,448

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(16)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。