2014年04月08日 12:31

気持ちはよくわかる…「これだけは他人から質問されたくない事ってある?」赤裸々な回答いろいろ

 

聞かれたくないこと
忘れたい過去や、コンプレックスを感じることなど、誰にでも触れて欲しくない事があるものです。

海外掲示板に「他人に尋ねて欲しくない質問に、どんなものがありますか?」という投稿があり、さまざまな回答が寄せられていました。

興味深かったものを抜粋してご紹介します。

●「就職探しはどうだい?」
仕事に就けるまで、ひどいに決まっているだろう。いちいち思い出させてくれてありがとう。

↑今思い出しちまった。ありがとう。穴に這っていって死にたいよ。

↑その質問は本当にオレを殺す。家族の集まりに何か月も行かなかったのはそのせいだ。とにかく全員が聞いてくるんだ。嘘の笑顔の時間なんだ(心の内では叫んでいる)。

●悪循環でくるくる回る質問。
「どうして彼女がいないの?」
そして彼女が出来ると、
「いつ婚約するの?」
婚約すると、
「式はいつ?」
式をあげたら、
「子供はいつ?」
そして子供が出来たら同じ質問をすべて子供に負わせるんだ。

↑中国人の母親を持ってみろよ。大学では彼女とつきあうのは禁止なんだ。ところが卒業するや否や「孫が欲しい」とか言い出す。

●両親と一緒にいると、「養子なの?」
白人の両親から黒人が生まれるわけはないので、もちろん養子に決まってる。

●「本当にあの人が奥さん?」
これは言い換えると、
「なぜ彼女がお前みたいなやつを選ぶんだ?」

●オレが色弱なことがわかると、
「じゃあこれは何色?」
「青だよ」
「色弱って言ったじゃない」

●「バスケをやってた?」

●「ツールバーをインストールしますか?」


「どこ出身?」
「えっと、今住んでる場所は……」
「いや、ルーツはどこ?」
日本人とのハーフだが、生まれたときからずっとアメリカだよ。

●「なんでそんなに静かなの?」

↑自分もその質問が大嫌いだ。自分は無口なんだが、うるさくしようと思えば出来るよ。自然じゃないだけで。静かすぎることを先生や大人たちによくたしなめられたよ。そのことが余計に話すことを不安にさせる。

↑妻に聞かれるときいつも同じ答えを返す。「何も言うことがないから」と。
自分は何か大事なことがないと何も言わないし、酔っぱらっているのでなければ小さな会話を好まない。

●「どうしてあなたの車を停められたかわかりますか?」

↑「人の心を読めると思いますか。おまわりさん?」

↑「逮捕されるのかな? それとも違う答えかな?」

↑「あなたは54マイル制限のところを55マイルで走っていました」

↑「免許証と登録証明書を出して、車から降りてください」

●「子供はいつ作るの?」

↑それには「もうちょっと後で、でも今は練習中」と言うと良い。

●レズビアンとして一番嫌いな質問は、
「どっちが男役なの?」
どっちでもないわ。それがポイントなのに。
(参照:同性愛のカップルが「どっちが女役?」と聞かれるたびに答えていること

●「どうして彼氏を作らないの?」

●「うちの家にどうやって入ってきたの?」

↑「それは何のためのナイフ?」

●「北朝鮮? それとも韓国?」コリア出身と答えるといつも聞かれるんだが、いつ北朝鮮から人が自由に出入りしたんだ。

↑その質問をされたら西コリアと答えてるよ。本当にあると説得も始めるんだ。

●双子なんだけど、
「お互いに心が読めるの?」「いーや」
「お互いの痛みをわかり合える?」「いーや」
「双子でいるってどんな感じ?」「わからないよ。双子でないってどんな感じ?」

●「それで、卒業後は?」

●「なんで痩せてるの?」

●「へぇ、ソフトウェアのエンジニアなんだ、ハッキングできる?」

●「入ってる?」

●「どうしてこの仕事に就きたいのですか?」
少しの例外を除いて、最もバカな質問だとは思っているよ。小売りの従業員を採用するのに応募者が何と答えるか見たいなd。理解は出来ない。答えも笑えるようなものばかりだ。お金を稼ぎたいからという本当の答えは言うべきではない。どうせならカラフルな嘘をついてくれ。
自分だってスーパーで買い物をするときにレジのやつに「なんでこの食品を買うのですか?」と聞かれる気持ちになるとは思う。わからないよ。多分腹が減ってたんだよ。お金も持ってきたんだよ。だがそうじゃない。本当の答えは言っちゃいけない。スパゲティを持つというのは俺の夢だったんだ。そしてこのきゅうりと戦うんだ……。

●「それで食べていけるの?」
自分がコミックアーティストだというときに言われる。もう慣れたけど。

●「左利きなの?」

↑違うよ、人生をタフに生きてるだけ。

↑これからそれを使う。

●「どうして独身なの?」

●「仕事は?」
 「歌ってギターを弾いているよ」
 「本当は何をしているの?」

聞く方は悪気がなくとも聞かれる方にとってはたまったものではない、といったことは往々にしてあるものです。

あらかじめ何を尋ねられたいかを、相手に聞いておくのもいいかもしれませんね。

What question do you hate being asked?

それでも僕は夢を見る
水野 敬也
売り上げランキング: 5 位

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。