2014年04月09日 20:04

無数の手形に圧倒される…古代人が描いたアルゼンチンのラス・マノス洞窟の壁画

 

ラス・マノス洞窟の手形00
壁一面に残された無数の手。

これは南米アルゼンチンのラス・マノス洞窟の壁画で、今から2500年も昔(紀元前550年頃)に描かれたものだそうです。

1.
ラス・マノス洞窟の手形08
ラス・マノス洞窟はアルゼンチン最南端のサンタクルス州に位置し、あたりは岩壁や渓流に囲まれた土地です。


2.
ラス・マノス洞窟の手形06
洞窟の入り口。


3.
ラス・マノス洞窟の手形01
洞窟に入ると、壁には無数の手形がくっきり。


4.
ラス・マノス洞窟の手形02
絵具に鉱物が使われているため、数千年の時を経ても風化していません。


5.
ラス・マノス洞窟の手形03
手形のほとんどは左手で、右手(利き手)に持ったパイプで塗料を吹きつけたとみられています。


6.
ラス・マノス洞窟の手形07
この辺にもうっすらと手形が。


7.
ラス・マノス洞窟の手形04
手形には2種類あり、壁に手をつけた周りに塗料を吹き付けるネガ、直接手形を吹きつけたポジがあります。
ネガは紀元前550年頃、ポジは紀元前180年以降と推測されています。

ではなぜ先住民たちは、こうした手形を残したのでしょうか。
若くて近い年齢のものばかりであることから、聖地であった洞窟での成人の儀式というのが有力な説だそうです。


8.
ラス・マノス洞窟の手形05
動物の狩りの壁画はさらに古く、最古のものはなんと9000年前に描かれたとのこと。

つまり現代と手形の時代の差(約2500年)よりも、手形と動物画の時代差の方が大きいということになります。なんだか歴史の壮大さを感じますね。

ラス・マノス洞窟(クエバ・デ・ラス・マノス)は、1999年にユネスコ世界遺産に登録されています。

La Cueva de las Manos

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。