2014年04月21日 21:03

キツツキによって変わり果てた姿となった木がこちら…「ドングリキツツキ」のユニークな習性

 

ドングリキツツキ00
キツツキが木をつつく目的は、巣穴作りであったり、エサの虫を食べるためであったり、時には他のキツツキとのコミュニケーションを図ることもあります。

さて、北米に生息する「ドングリキツツキ」にはもう1つ目的があるのですが、それにより見た目が変わった巨木の姿をご覧ください。

1.
ドングリキツツキ01
こちらがドングリキツツキがよく利用する木。松かモミの木と思われます。

近づいて見てみると……んん?


2.
ドングリキツツキ02
何やらブツブツしていますが、もしかして全部つっついた跡!?


3.
ドングリキツツキ03
よく見ると大半の穴にどんぐりが入っています。


4.
ドングリキツツキ04
ドングリキツツキは、名が示す通りドングリをエサとし、枯れ木に1個ずつ貯蔵する習性を持つとのこと。


5.
ドングリキツツキ05
群れでなわばりを構えて生活するため大量の穴だらけになってしまうようです。(1本の木につき最大で数万個)


6.
ドングリキツツキ06
知らずにこの木を見たら、マシンガンでも撃たれたのかと思いそう。


7.
ドングリキツツキ07
手ごろな貯蔵場所がないと、木の板に埋め込むことも。


8.
ドングリキツツキ08
エサの少ない季節や、子育てに忙しい季節になると、貯蔵しておいたドングリを取りだして非常食にするそうです。


映像はこちら。

Woodpeckers vs. the World - YouTube

Old Douglas Fir Woodpeckers Covered With Acorns

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(8)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。