自然・景色 / zeronpa / URL
2014年04月23日 23:30

今すぐ訪れないと激変してしまう世界の絶景20か所

 

連休に行きたい絶景00
いつかは行ってみたい国や、死ぬまでに訪れたい名所があるかと思いますが、現在進行形で環境が激変している地域も少なくありません。

今すぐ訪れておくべき、世界20の絶景をご紹介します。

1.
連休に行きたい絶景01
グレート・バリア・リーフ ─オーストラリア
言わずと知れた世界最大のサンゴ礁地帯。1985年以来、気候変動、汚染、乱獲によりサンゴの半分以上を失った。(Wikipedia


2.
連休に行きたい絶景02
ヤスニ生物圏保護区 ─エクアドル
地球上で最も生物学的に多様な地域のひとつ。4000以上の植物種、170種の哺乳類、610種の鳥を誇る。2013年に油田開発が政府によって承認され、、生態系や先住民の暮らし壊れるのは時間の問題とみられている。(Wikipedia


3.
連休に行きたい絶景03
サパ ─ベトナム
高地少数民族が暮らす静かで美しい土地。近年はベトナム最大の観光地と化していることから、昔の旅行者たちを嘆かせている。(サパ


4.
連休に行きたい絶景04
バガン ─ミャンマー
アジア最大規模の仏教遺跡群。2200以上を数えるも、観光客の激増したことから、自分自身で探索する時代は終わりに近づいている。(Wikipedia


5.
連休に行きたい絶景05
ビエンチャン ─ラオス
メコン川沿いに広がるラオスの首都。経済発展により、古い町並みは、流入した労働者たちによる建設ラッシュによって様変わりしている。(Wikipedia


6.
連休に行きたい絶景06
シーフラワー国際生物圏保護区 ─カリブ海
カリブ海で最も孤立した生態系のひとつ。ユネスコ海洋保護区。経済的に厳しいニカラグアは、石油を探すために多国籍企業を招致しており、環境破壊が懸念される。


7.
連休に行きたい絶景07
キリマンジャロ山 ─タンザニア
標高5895m。アフリカ大陸の最高峰。150年の間に雪が覆う場所は1割だけとなり、一部の科学者からは今後10年で消えると予測されている。


8.
連休に行きたい絶景08
ハバナ ─キューバ
カリブ最大の都市。海外投資を受け入れようとしていることから、今後劇的な変化が予想されている。


9.
連休に行きたい絶景09
ダマスカス ─シリア
シリアの首都にして、世界で最も古くから人類が住み続けている都市。近年は内戦により荒廃が激しい。


10.
連休に行きたい絶景10
ヤンゴン ─ミャンマー
同国最大の都市。軍事政権から民主化したことから、近年は劇的変化を遂げている。


11.
連休に行きたい絶景11
ニカラグア湖 ─ニカラグア
淡水湖だが、塩分を含んでいないことを除けばほとんど海と変わりなく波も大きい。人を襲うオオメジロザメが生息している。
カリブ海から太平洋までの270kmにわたる巨大運河を建設予定。 (Wikipedia


12.
連休に行きたい絶景12
ソマリランド ─ソマリア
独立国家として機能しているも、国際的には承認されておらず、ソマリアの一部とみなされている。
コカコーラ社が工場を開設するなど、変化を遂げようとしている。


13.
連休に行きたい絶景13
南アラル海 ─ウズベキスタン
30年前は世界で4番目に大きい湖だったが、干ばつのため9割が消滅。船の墓場となっている。(参照:アラル海が消えた…20世紀最大と言われる環境破壊


14.
連休に行きたい絶景14
ヌーク ─グリーンランド
世界最大の島グリーンランドの首都。未開発の鉱山開発が推し進められている。 (Wikipedia


15.
連休に行きたい絶景15
ダリエン・ギャップ ─パナマとコロンビアの間
中米に広がる未開のジャングル。ダリエン地峡とも呼ばれる。横断する道路が建設予定。


16.
連休に行きたい絶景19
パナハッチェル ─グアテマラ
グアテマラを観光する人の多くが訪れる自然に囲まれた都市。近年は麻薬取引などにより治安が悪化。


17.
連休に行きたい絶景16
チャド湖 ─ナイジェリアとカメルーンとニジェールの間
ライオン・カバ・ワニなど豊富な野生動物が生息。干ばつの影響で50年間に90%の面積が消失。面積は広いが最深でも7mしかない。(Wikipedia


18.
連休に行きたい絶景17
ツバル ─南太平洋
世界で4番目の小国。海面上昇につき存亡の危機に瀕している。


19.
連休に行きたい絶景20
ヤクロム湖 ─カンボジア
ジャングルの奥深くにあり、ほぼ円形のクレーター湖。5つ星ホテルの建設が計画されている。


20.
連休に行きたい絶景18
ウジュン・クロン国立公園 ─インドネシア
ジャワ島の貴重な動物が多数生息。ジャワサイやバンテン(野生牛)、カニクイザル、インドクジャクなどは絶滅が危惧されている。


以上20か所。

海外となると簡単には行けませんが、1つでも記憶に残しておきたいものですね。

Awe-Inspiring Places on Earth That Could Completely Vanish One Day

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
1. 今すぐ訪れないと激変してしまう世界の絶景20か所  [ 他力本願 ]   2014年04月24日 00:03
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。