2014年05月09日 10:24

ボスニアのおじいちゃん「5万個の木片を使ってフォルクスワーゲンを木製にしてみた」

 

木製のフォルクスワーゲン00
車好きであれば、愛車を改造したり、デコレーションしたりすることはよくあります。

ペイントしたりパーツと取り換えたりといった程度が大半だと思いますが、ボスニアに、なんとフォルクスワーゲンを木製にたというおじいさんがいました。

1.
木製のフォルクスワーゲン01
こちらが、美しいオーク(樫)の木を使ったワーゲンを、後ろから見たところ。


2.
木製のフォルクスワーゲン02
この小さなこけら板を、なんと5万も敷き詰めてあるのです。


3.
木製のフォルクスワーゲン03
横から見たところ。ホイールの金属部分も完全に覆われています。


4.
木製のフォルクスワーゲン04
走っているときの木の質感がなんとも言えません。


5.
木製のフォルクスワーゲン05
とても丁寧に敷き詰められているのが見てとれますね。


6.
木製のフォルクスワーゲン06
角度や光の反射によって色つやが変わります。


7.
木製のフォルクスワーゲン07
なんと内装まで! さらにおじいさんの帽子を見てください。


8.
木製のフォルクスワーゲン08
バックミラーに写った誇らしげなおじいさん。


9.
木製のフォルクスワーゲン09
ロゴも木造りです。

市販のフォルクスワーゲンに、丁寧に5万個の小さなオークの板を張り付けてつくったそうで、8000ドル(約80万円)ほどかかったそうです。

もともと妻のために作ったそうですが、その後、かかった費用の10倍の値段で買いたいという人も現れたそうです。

もちろん彼は売らなかったそうですが、お揃いの帽子がまたおしゃれですね。

A Bosnian man made this wooden Volkswagen Beetle out of over 50,000 pieces of oak

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。