2014年05月16日 22:46

「巨大なロケットの破片がビーチに落ちていた…」調べてみたら「アリアン5」であることが判明

 

アリアン5の破片00
メキシコ東岸のマアウアルの海岸に流れ着いていたという、数メートルはある金属の破片。

なんと宇宙ロケットの一部だったそうです。

1.
アリアン5の破片01
表面にはSPACEの大きな文字。発見者はスペースシャトルの一部かと想像したそうですが、掲示板で質問したりインターネットで調べた結果、ヨーロッパの使い捨て型ロケット「アリアン5」であることが判明。
アリアン5


2.
アリアン5の破片11
場所はカリブ海に面したこの辺り。


3.
アリアン5の破片06
厚さはこんな感じ。


4.
アリアン5の破片02
小さな文字も書かれています。


5.
アリアン5の破片03
はげた表面の塗装。


6.
アリアン5の破片04
内側はいかにもロケットらしい構造に。


7.
アリアン5の破片05
では、アリアン5のどの部分なのかというと……。


8.
アリアン5の破片09
この部分でした。


9.
アリアン5の破片10
打ち上げの時の写真。


10.
アリアン5の破片07
素材はカーボンファイバー製。

ロケットのこの部分が廃棄されるのは高度150kmで、スペースデブリとなったものが大西洋に落下し、漂流したとみられています。

広大な海に落下しても事故につながる可能性は無いに等しいとは言え、こんな巨大なものが空から落ちてくるのは恐ろしいものがありますね。

A Massive Piece of Debris Washed Up on a Guy's Beach. He Had to Investigate!

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。