2014年05月22日 19:46

ケタ外れの金額…信じられないほど被害額が大きかった24の強盗事件

 

莫大な金額の強盗・身代金00
歴史に名を残す強盗事件となると、その金額もケタ違いであるようです。

特に被害額の大きかった24の強盗事件・身代金事件をご紹介します。

1. ダッカ日航機ハイジャック事件(1978年)
莫大な金額の強盗・身代金01
600万ドル(約6億円)
日本赤軍が起こしたハイジャック事件の身代金。
ダッカ日航機ハイジャック事件 - Wikipedia


2. 大列車強盗(1963年)
莫大な金額の強盗・身代金02
260万ポンド(約4億5千万円)
1963年8月8日、グラスゴーからロンドンに向かう郵便列車から260万ポンド(現在の価値でいうと4000万ポンド:約70億円)を強奪した。
ロナルド・ビッグズ - Wikipedia


3. ダンバー社強盗事件(1997年)
莫大な金額の強盗・身代金03
1800万ドル(約18億円)
アメリカ史上最大の現金強奪事件。ロサンゼルス郊外のダンバー・アーマード・カー社に6人の男が押し入った。


4. ドラムランリグ城の強盗事件(2003年)
莫大な金額の強盗・身代金04
4000万ドル(約40億円)
ツアー客を装った2人組に、レオナルド・ダ・ヴィンチ 「糸紡ぎのマドンナ」が強奪される。


5. ベルファスト銀行強盗事件(2004年)
莫大な金額の強盗・身代金05
2200万ポンド(約38億円)
北アイルランド史上最高額の強盗事件。


6. 「サリエラ・黄金の塩容れ」の盗難事件(2003年)
莫大な金額の強盗・身代金06
オーストリアの美術史美術館から、16世紀イタリアの彫刻家ベンヴェヌート・チェリーニの「サリエラ・黄金の塩容れ」が盗まれた。2006年1月に発見される。


7. グラフ・ダイヤモンド強盗事件(2009年)
莫大な金額の強盗・身代金07
6500万ドル(約65億円)
ロンドンのボンドストリートにある高級宝石店グラフに、客を装った2人組が押し入った。


8. ブリンクス・マット強盗事件(1983年)
莫大な金額の強盗・身代金08
2600万ポンド(約45億円)
ロンドン・ヒースロー空港近くで起こった金塊強奪事件。


9. セキュリタス銀行現金強奪事件(2006年)
莫大な金額の強盗・身代金09
5300万ポンド(約90億円) イギリス最大の銀行強盗事件。


10. カールトンホテル強盗事件(1994年)
莫大な金額の強盗・身代金10
3000万ユーロ(約42億円)


11. フォルタレーザ銀行強盗(2005年)
莫大な金額の強盗・身代金11
1億6000万ドル(約160億円)
ブラジル史上最大の強盗事件。


12. アントワープダイヤモンドセンター強盗事件(2003年)
莫大な金額の強盗・身代金12
1億ドル(約100億円)
イタリア窃盗団が地下金庫を破りダイヤモンドなどの宝飾品を強奪。奪われたダイヤはまだ見つかっていない。


13. ハリー・ウィンストン強盗事件(2008年)
莫大な金額の強盗・身代金13
1億800万ドル(約108億円)
宝石商ハリー・ウィンストンのパリ支店に4人の武装した男たちが押し入り、ダイヤモンドを奪った。


14. スキポール空港強盗事件(2005年)
莫大な金額の強盗・身代金14
1億1800万ドル(約118億円)
オランダ・アムステルダムのスキポール空港で、ダイヤモンド強盗が押し入った。


15. 中東イギリス銀行強盗(約1976年)
莫大な金額の強盗・身代金15
2500万ポンド(約43億円)
レバノン内戦時に、PLOの一部が資金集めと称した強盗集団が多数の銀行を襲撃。


16. ビュールレ・コレクション強盗事件(2008年)
莫大な金額の強盗・身代金16
1億8000万スイスフラン(約200億円)
スイスのチューリッヒにある美術館、ビュールレ・コレクションからゴッホ、セザンヌ、ドガ、モネの大作計4点が武装した強盗団にって強奪された。


17. ナイツブリッジ貸金庫強盗事件(1987年)
莫大な金額の強盗・身代金17
6000万ポンド(約100億円)
ロンドンのナイツブリッジ貸金庫センターに強盗団が押し入る。


18. ユナイテッド・カリフォルニア銀行強盗(1972年)
莫大な金額の強盗・身代金24
1200万ドル(約12億円)
現在の価値では100億円以上に相当。


19. ミレニアム・ドーム強盗事件(2000年)
莫大な金額の強盗・身代金19
3億5千万ポンド(約600億円)
展示されていた203.04カラット(40.608グラム)のダイヤモンド、ミレニアムスターが狙われるも未遂に終わる。


20. ダルエスサラーム銀行強盗(2007年)
莫大な金額の強盗・身代金20
2億8200万ドル(約282億円)
イラクの首都バグダッドの銀行で、警備員3人によって盗み出される。


21. 三井住友銀行ロンドン支店クラッキング事件(2008年)
莫大な金額の強盗・身代金21
2億2900万ドル(約229億円)
住友銀行ロンドン支店がクラッキングを受けるも未遂に終わる。


22. ガードナー美術館の強盗事件(1990年)
莫大な金額の強盗・身代金22
3億ドル(約300億円)
ボストンのイザベラ・スチュアート・ガードナー美術館に、警官の格好に扮した2人組の強盗が押し入る。フェルメールやマネなどの美術品13点を持ち去った。


23. ロンドンの債権強奪事件(1990年)
莫大な金額の強盗・身代金23
2億9200万ポンド(約500億円)
ロンドンの金融街にて、イングランド銀行へ運ぶ債権が強奪される。


24. イラク中央銀行から引き出された現金(2003年)
莫大な金額の強盗・身代金24
イラク戦争が開戦する直前、フセイン元大統領が現金10億ドル(約1000億円)を引き出し息子のクサイに預けた。その後アメリカ軍が発見するも、約6億5000万ドルだけで残りの約3億5000万ドルは行方不明となっている。


以上24点。

これほど巨額となると、大きすぎてピンときませんね。

The Most Well-Known Heists and Raids in All of History

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。