2014年05月25日 15:19

「釣った魚のキャッチ&リリースって、魚にとっては宇宙人による誘拐と一緒じゃないか?」…海外掲示板の反応いろいろ

 

釣られた魚
物事はちょっと視点を変えてみるだけで、まったく印象が異なったり、別のものが見えてくることがあります。

釣った魚を生かしたまま元の海や川に放流して戻す、いわゆるキャッチ&リリースという魚釣りのスタイルがありますが、
「それって魚にとって、宇宙人に誘拐されたと言い張る人々の水中バージョンじゃないか?」 と海外掲示板で盛り上がっていました。

●その魚の友達や家族は、体験談を一切信じてくれないだろうな。

●自分は一度たりとも、魚の肛門に何かを突っ込んだことはないと誓う。

↑魚を飲み込んで吐き出す人がいるが、これはそれに入る?

↑待て……何だって?

●そうなるとトビウオは宇宙探検家ということになる。

●「ビリー、水から出た体験をしたって誓うよ、口から調査をされたんだ」

●(キャッチ&リリースは)魚を食べようとはせずに、魚に遅刻をさせようとしてる行為に思える。
「いったいどこにいたのよ?」
「つかまってたんだ」
「嘘つき、唇の中を見せなさい」

↑「他に女がいるのね」

●「お前大丈夫か?ボブ?」
「ヤツらに…やられたんだ……」(身震い)

●実は宇宙人は人間の調査をしているんではなく、単なる娯楽で釣りをしているだけだと想像してみよう。宇宙人は冥王星かどこかに帰ってから、「198cmの人間だと!? 嘘だろ、証拠写真を見せてみろ」

●「そんなの全くの嘘っぱちだ」
 「ほら、あそこ見てみろよ。あそこにワームが浮いてるだろ」

●「ニンゲンは本当にいるんだ、わからないのか? すべては陰謀なんだ。政府はみんなを学校に入れたままにしたいだけなんだ。なぜマグロがこんなに減ったと思うんだ。全部ダマされていたんだよ。陸にも生命体がいるんだ」


なるほど、確かに魚たちにとってみたら、宇宙人に誘拐される人類と似たような状況と言えますね。

もしかすると、われわれも? いやいや……。

Fish who are caught and released are like the aquatic equivalent of people who claim to have been abducted by aliens.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(4)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。