2014年07月03日 12:17

「知らないと困る『暗黙の了解』、どんなものがある?」興味深い回答いろいろ

 

暗黙のルール
人間社会は規則・ルールの元に動いていますが、どこにも記されていない、大事な「暗黙の了解」も数多く存在します。

「知らないでいると損をしたり、恥ずかしい思いをしたりする、とても大事な暗黙のルールを教えてください」と、海外掲示板に投稿がありました。

興味深い回答をご紹介します。

●「他人に迷惑をかけてはいけない」
他の正当なルールは、すべてこれが基本となっている。

●私が携帯の写真を見せたら、それを指でスワイプしないで。

↑写真を見せる間だけ画面操作をロックしたい。

↑たまに反対側にスワイプするという事件も起きる。
自宅の写真を見せながらアドバイスを求めてきた客がいて、途中で急に奥さん(あるいは愛人)のヌード写真が出てきた。そこで彼がしたことはスワイプし続けることだった。同じ方向にもう2枚。そしてあわてて恥ずかしそうに出て行った。

●こちらがささやいたら、そちらもささやき返せ。

↑高校のときに付き合っていた彼女は賢い子だったが、空気を読まない面があった。一度家族と食事をしていて、僕が話して欲しくない話題になったので、彼女を足で突いていたら、「なんで足を蹴ってるのよ?」と大声で言った。ブロッコリーを投げつけたくなったね。

↑普通の話し声より大きな声でささやくヤツが嫌いだ。

↑着信音より大きなバイブ音みたいなもんだな。意味がない。

●自分が乗る前に、先に人を降ろしてあげよう。

●どんなことがあっても、絶対に絶対に、自分から女性が妊娠しているかを聞いてはいけない。

●トイレットペーパーは終わったら替えなければいけない。それから混雑している歩道で止まってはいけない。

●絶対にプライベートな会話がプライベートに終わると決めつけてはいけない。特に専門分野ではこれが倍増する。ポジティブなことであろうとネガティブなことであろうと、誰かに話したことは、めぐりめぐって戻ってくるんだ。

↑関係を持っている相手のことなら3倍にもなる。話をした内容は必ず、相手のパートナーにまで伝わっていると思ってよい。

↑あなたが話す情報のすべては、話した相手の最も信頼する人にも伝えられる。もし話す相手が既婚者なら、話す前にその相手の配偶者まで知られてもいいかをよく考えてからにしたほうがよい。

↑むしろ最も早くみんなに広く伝えたいことがあれば、こう言うといいんだ。「誰にも話したらダメだよ……」

●運転中に道を譲ってくれたり、割り込ませてくれたりしたら「ありがとう」と手であいさつ。

●バスや電車でほかに席が空いていない時、横に自分の荷物を置かない。

●彼らが望もうが望まなかろうが、夫婦に立ち入り禁止区域はない。

●ドイツではホロコーストの冗談を言ってはいけない。彼らはいまだに笑ったりしない。

●人が話しているところを、さえぎってはいけない。

●列で順番を抜かしてはいけない。

●高級車を持ってるなら、後ろにステッカーを貼らない。

●電話が途中で切れたときは、電話を最初にかけたほうがもう一度かける。

●女の子が吐いていたら髪の毛を持ってあげよう。

●くしゃみや咳をするときは口を手で押さえる。

●何を信じているかで人の良し悪しは決まらない。行いで決まる。

●あなたの食事を作る人を怒らせてはいけない。


知っていて当然のものから、言われてみて初めて気づくものまで、いろいろあるものです。

ルールの基本は他人に迷惑をかけないこと、というのは納得です。

What is the most important/biggest unspoken rule you know?

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。