2014年07月07日 11:00

ドコモ回線を容量気にせず使い放題!24時間300円で使い放題にチェンジできる、超使えるスマホが実現する激安SIMが誕生

 


たった1日で9GBも使っちゃって… いいんです!

外出先や旅行先で思い切りネットをしようと思っても、近頃の料金プランは通信量に上限のあるものばかり。月末までに容量を使いきってしまわないか…なんて気にしながら使うのって、なんか違うんですよね。

普段は低速でいいから、外出時や緊急時だけ容量を気にせず使い放題…そんなプランを以前から切望していたのですが、そんな理想的なスマホやモバイルルーターが実現できる激安SIMカードプランが SANNET から登場。

そこで本当に容量を気にせず使い放題なのか、えげつないくらいに使い倒してみると…とんでもないコスパで使えることがわかりました。


今回試したのは、1995年のダイヤルアップ時代から低価格の接続サービスを提供している老舗プロバイダ、SANNETのデータ通信専用SIMカード。

ドコモのスマートフォンやモバイルルーター、また最近家電量販店などで増えてきたSIMフリーのタブレットやモバイルルーターで使用できます。

通信回線はエリアに定評のあるドコモのFOMA、LTEを使うので、日本国内広いエリアで安心して利用できます。

SANNET モバイルサービス Powered by 楽天ブロードバンド


SANNETのLTEサービスではいろいろな料金プランが提供されているのですが、今回は『モバイルデイリーオプション』を選択。

このプランは、 1日60MBまで高速通信が、それ以降は200kbpsで使い放題で月額1,140円(モバイルデイリーオプション890円+ベーシックコース250円、SANNET会員は890円) と安いのですが…


なんとこのプラン、300円で『24H無制限クーポン』を購入すると、 購入した瞬間から24時間、データ容量が無制限に! ホントに!?

最近のスマホのデータ通信プランは、高速通信は月に7GBまでなど制限があるのが一般的。容量追加もとても高額なので、月末に外出予定があったりすると、容量を使いきらないかヒヤヒヤするだけに、 必要な期間だけ容量無制限で、しかもドコモの回線 だなんて、 まさに願ってもない料金プラン。

そこで実際どれだけ使えるのか、使い勝手を試してみました。

24時間容量無制限で300円、全力で使ってみると…?


まずはSIMカードをNexus7 LTEにセット。通常の通信は後で試すとして、まずは目玉の24時間使い放題を試してみましょう。


300円の24H無制限クーポンを購入後、とりあえずスピードテストを試してみると… 下り4.99Mbps、上り5.5Mbps とまずまずの速度。

何時間かおきに試してみたところ、大体 1Mbps〜7Mbps 程度の速度が出ていました。このくらいなら、モバイル高速通信としてはなかなかいい感じ。


またNexus7 LTEなどSIMフリーのAndroidスマホ・タブレットなら、テザリングも利用できるのでパソコンや他のスマホでも同時にネットが可能に。

出張先ではパソコンで仕事をしつつ、夜のヒマな時間のために大容量のアプリをダウンロードし、タブレットで妻や子供の前では絶対に見られないムフフな動画を…ゲフンゲフン、えーと、まあ色々たっぷりとデータ通信をしたくなるので、そんな感じの想定でほぼ1日使ってみました。


すると… 24時間の利用で、データ通信量はおよそ9GBに! ちょ、ちょっとやり過ぎちゃったかな…?

しかしこれだけ使っても、追加料金はたったの300円だけ。これがもし 某携帯電話会社のスマホなら、月額5,700円(7GBまで)+2,500円(2GB追加)=8,200円(!) もかかる使い方なのに、 SANNETならたったの300円。 あまりの価格差にもう笑うしかありません。

もちろん別途1,140円の月額料金もかかりますが、それでもこれなら普通に神プランとしか言いようがないですよね…。

たまの出張や外出で使うなら、圧倒的なコスパを実現


ちなみに毎週1回の出張で24H無制限クーポンを購入した場合、基本料1,140円+300円×4で、合計2,340円程度で済むことに。

月16回以上クーポンを購入するとようやく某携帯会社のフラットプランを上回りますが、そもそも携帯会社は月に7GBまでしか使えないので、16日もの出張に耐えられるかというと微妙なところ。

必要な時に必要な時間、通信量を気にせずネットを使える安心感は、スマホで速度制限を食らった経験のある人には計り知れないメリットがあると言えそうです。

クーポンなしでも普段使いには充分なパフォーマンス

なお24H無制限クーポンを購入していない状態でも、『モバイルデイリーオプション』プランなら毎日60MBまでの高速通信付きなので、TwitterやFacebook、メールなどでのちょっとした使い方なら意外と使えます。

SANNET SIMの速度制限状態でのブラウジング - YouTube

また60MBを超えると200kbpsの制限がかかりますが、例えばwebサイトを見てみても、表示はスムーズ。通勤中のサイト巡りくらいであれば、このくらいの速度でも意外と不自由しないんですよね。


この速度でも、SkypeやLINEなどの音声通話の品質も必要十分。またこのプランはデータ通信専用ですが、無料IP電話のSMARTalkなどを活用すれば、電話の発着信もできるようになりますよ。

また今回は試していませんが、別途SMSオプション(月額140円)をつければSMSの送受信ができるようになるので、カカオトークやWhatsApp、LINEなどのSMS認証が必要なメッセンジャーアプリの認証もできそうです。

月額たった1,140円で普段のちょっとしたネットを、そして必要なときには容量を気にせずドコモ回線を使えるSANNETのLTE。もちろん 年縛りや解約金もありませんし、今なら初期費用3,000円も無料に。 しかも、月額料金1,140円に含まれるベーシックコースは、Android端末で使えるアプリ『超ブルーライト削減』『驚速メモリ』『超節電』が追加料金なしで使えます。

出張や旅行で、そして集中的にネットを使うパワーユーザーであれば、とても魅力的な選択肢であることは間違いないですよ!

SANNET モバイルサービス Powered by 楽天ブロードバンド

※特に明記していない価格表記は、すべて税別価格にて記載しています。

 

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。