2014年07月10日 19:30

50年間インドで虐待を受けてきたゾウ、鉄鎖から解放されたとき…涙を流す

 

50年間インドで監禁されていたゾウが救出される00
インド北部で50年間にわたり虐待を受けてきたゾウが、イギリスの保護団体とインド当局により救出されました。

年老いたゾウは、足に食い込んだ鎖から放たれたとき、涙を流したといいます。

1.
50年間インドで監禁されていたゾウが救出される01
インドのウッタルプラデシュで50年間、27人もの所有者に転売されてきたインドゾウの「ラジュ」。


2.
50年間インドで監禁されていたゾウが救出される02
物乞いの道具とされ、満足に食事を得られないときは、紙やプラスチックを食べて飢えをしのいできました。


3.
50年間インドで監禁されていたゾウが救出される03
インドゾウの寿命は野生で60年、飼育環境下では70〜80年。すでにかなりの高齢です。


4.
50年間インドで監禁されていたゾウが救出される04
常に足に繋がれた鎖は足に食い込み、深刻なケガを負っていました。


5.
50年間インドで監禁されていたゾウが救出される05
イギリスのNGO団体とインド当局の尽力により解放がかなったとき、ラジュは涙を流したといいます。


6.
50年間インドで監禁されていたゾウが救出される07
足の痛みに加え、もしかしたら希望を感じ取ったのかもしれないと、関係者は語っています。


7.
50年間インドで監禁されていたゾウが救出される08
トラックで運ばれていくラジュ。


8.
50年間インドで監禁されていたゾウが救出される09
向かう先は保護センター。


9.
50年間インドで監禁されていたゾウが救出される11
50年ぶりの自由を手にしたものの、ラジュは心身共に重大なダメージを受けており、しばらく治療とリハビリが必要とのこと。


10.
50年間インドで監禁されていたゾウが救出される12
疲弊と安堵が入り混じったような表情。


11.
50年間インドで監禁されていたゾウが救出される10
体調がよくなり次第、他のゾウたちと一緒に生活する計画だそうです。

ニュース映像

Elephant’s Touching Response to Being Set Free

犬から聞いた素敵な話 涙あふれる14の物語
山口 花
東邦出版
売り上げランキング: 54

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。