2014年07月12日 11:19

「うちの猟犬が警戒モードに切り替わったところ」…おそらく予想とは違うであろう写真

 

うちの猟犬が警戒態勢に入った00
ビーグルはローマ時代から存在する古い犬種で、ウサギ狩りなど猟犬として活躍してきました。

豊富な体力と獲物を追いながら鳴き続ける「追い鳴き」という習性から、「森のトランぺッター」との異名を持っています。

さて、そんなビーグルの飼い主が、
「うちの猟犬が、警戒態勢に入ったところ」と題した写真を公開し、人気を呼んでいました。

うちの猟犬が警戒態勢に入った01
後ろ後ろ!

すずしげに通り過ぎる鹿……。

獲物を見るどころか、まるで「ここにはいません」とばかりの後ろめたい表情。

どうやら用を足しているようで、別の意味での「警戒態勢」だったようです。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●少なくとも君の犬は、この犬ほどには無能ではない。
うちの猟犬が警戒態勢に入った02

↑仕事にやられているというのはこのことだな。

↑アライグマにやられてるとはこのことだな。

●その鹿の代わりにウサギだったら、ビーグルは大興奮だったのかも。

↑どっちかっていうと、鹿の代わりにクッキーだったらってところだろう。

↑鹿の代わりにビスケットでも追わないと思う。

●ビーグルが用を足すとき。
うちの猟犬が警戒態勢に入った03

●うちの犬が用を足しているときは、自分が見張り役という役目になっているよ。

●しかし妙だな。うちの犬は周りを見回してから用を足すが、そしてその間は自分から目を一切離さない。終わるまでね。

↑それは君がじっと見ているからだろう。

↑目を離すと大変なことになるんだ。

●2匹の犬と散歩していたら、犬たちが立ち止まって木のまわりを嗅いでいた。夜だったのだけど、よく見るとその木の上に赤ちゃんを抱っこしたコアラがいた。コアラを驚かせたくなかったので、犬が気づく前に速やかに動かした。コアラたちはすごく緊張していただろうからね。でもよく考えたら心配することはなかったな。犬たちは見上げることは出来なかった。

●きっとそのビーグルはハンティングする前に、体重を減らしてるんだよ。

●うちの愛すべきバカ犬。

? My dogs are not brilliant. - YouTube


確かに猟犬と言えど、用は足さなければいけませんし、その間は無防備になってどうしようもありませんね。

もっとも、仮にタイミグがよかったとしても、ビーグルの体格で鹿を相手にするのは厳しいと思います。

My hunting dog is on high alert

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。