2014年08月01日 19:30

想像を超えるフサフサだった…最大の「しっぽ」を持つリスはこんな姿

 

ボルネオフサミミクサビオリス00
リスは尾の大きな動物ですが、インドネシア・ボルネオ島の森林に生息する「フサミミクサビオリス」は、哺乳類最大の「しっぽ率」(体としっぽの比率)を誇るそうです。

そのフサフサぶりをご覧ください。

ボルネオフサミミクサビオリス01
どーん!

なんという大きなしっぽ!

ボルネオフサミミクサビオリス03
しっぽが目立ちすぎて、一瞬どこに本体があるのか探してしまうほど。

それもそのはず、体(しっぽ以外)の1.3倍のサイズがあり、「しっぽ率」は哺乳類最大だそうです。(体格はシマリスの2倍程度)

ボルネオフサミミクサビオリス04
名前は「フサミミクサビオリス」。
たしかにふさ耳だけど、しっぽのインパクトに完全に負けているような……。

ボルネオフサミミクサビオリス02
あまりにボリューミーで、しっぽというよりベッドでも背負っているような違和感。

ボルネオフサミミクサビオリス05
体は伸ばすと意外とスリムですね。

ちなみにフサミミクサビオリスには吸血リス“Vampire Squirrel”の異名があり、時期によって狂暴になるという現地ボルネオの伝説があるそうですが、主食はどんぐりであり、自分より大きな動物を攻撃したという目撃例はないとのことです。

ボルネオフサミミクサビオリス06
たしかにこの穏やかな表情を見ていると、狂暴だとは想像しにくいかも。

なぜこんなに大きなしっぽを持つようになったかについては、明らかになっていないそうです。

専門家の推測としては、
・求愛行動や仲間に警告するため
・大きく見せることによる威嚇
・他のリスと同様に外敵の目を混乱させたり、しっぽをつかまれるのを防ぐため
といったことが考えられています。

Tufted Ground Squirrel - Rheithrosciurus macrotis

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。