2014年08月04日 12:04

「どっちがマクドナルドに高級感を出せるか友達と競ってみた」→勝負の結果がこちら

 

マクドナルドに高級感00
世界中で人気のマクドナルドですが、ファストフードやジャンクフードと呼ばれるだけあって、高級な食事のイメージからは遠いところに位置しています。

しかし、「そこをあえてマクドナルドに高級感を出してみようじゃないか」と挑戦した2人組がいました。

ビックマックのセットを食材として使った勝負をご覧ください。

1.
マクドナルドに高級感01
セットの中身はおなじみのドリンク、フライドポテト、そしてビックマック。
ハンバーガーをばらし、レタス、チーズ、ピクルスも別々に分けてあります。

2.
マクドナルドに高級感02
フライドポテトを同じ長さに切りました。

さて、これらの食材を使い、どんな風に高級感を出すのでしょうか。

そうして出来上がったのが……。

3.
マクドナルドに高級感03
まずは海外掲示板に投稿した本人の作品。
5段のミニチーズバーガー、フライドポテトタワー、ゴマ付きのバンとクルトンを使ったサラダ、そしてマックソース添えで完成。

4.
マクドナルドに高級感04
横から見るとこんな感じ。

5.
マクドナルドに高級感05
コーラをワイングラスに入れ、ナイフとフォークを添えたセッティング。

6.
マクドナルドに高級感06
続きまして、友達の作品がこちら。
ビックマック・ミニ・シェパードパイに、ゴマ入りクリスプとサラダを添えたもの。

7.
マクドナルドに高級感07
両者の盛り付けを並べたところ。

さて、どちらのほうが高級感で勝っていると思いますか。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●両方いいけど、どちらかというと2つ目(友達)の勝ちだね。材料の使い方がクリエイティブで、フライドポテトのプレゼンはそちらのほうがベター。レタスの半サラダのアイデアも良いね。
あと1つ目(投稿者)のマックソース添えは、最終的に見た目のバランスを悪くしていると思う。

●バスケットの材料をデコレーションに使ってはいけない。

↑自分は競争相手(友達)の、最後に残った材料をどうしていいかわからず、とりあえずつぶして粉にしてまぶすという手法が嫌いだ。単に自分がよくそれをするからだけど。

●2つ目のほうが、材料を変化させているね。

●ルールはアレンジのみ? それとも加熱なども出来る?

(投稿者)加熱も出来るよ。自分はクルトンを作るのにバンをトーストしたし、友人はシェパードパイを焼いていた。

↑ビックマックからシェパードパイを創り出したという事実がいいんだ。

●他のファストフードでもやって欲しい! これはおもしろい。

●自分は両方とも好きだ。

●自分は今日マクドナルドを食べてない。なので自分の勝ちだ。

●真の勝利者はマクドナルドの広報担当だと思う。


高級感勝負としては一長一短ですが、どちらも独創性がすばらしいですね。

いつも食べているファストフードがどこまで変貌できるのか、ゲーム感覚で面白いアイデアだと思います。

My friend & I competed to see who could make the fanciest Big Mac Meal

ずるいえいご
青木 ゆか
売り上げランキング: 14 位

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(6)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。