2014年09月23日 18:00

「ふう、どうにか壁の落書きを消したよ…」→後日、壁を見に戻ったら「なんじゃこりゃああ!?」

 

壁の落書きを消した結果00
落書き(グラフィティ)は、描く側と消す側でいたちごっこになることが多く、消す側としては頭痛の種でしかありません。

ある海外の街で、落書きを消した人が同じ場所に戻ったところ……再び落書きされていたそうです。

ところが今度は普通の落書きではありませんでした。

ビフォー
壁の落書きを消した結果01
落書きされていたのは、変装したミッフィーとキティちゃん。

それを消すため、スプレー片手に渋い顔をしている年配の男性。

どうにか消し終え、後日戻ってみたところ……。


アフター
壁の落書きを消した結果02
こうなっていました。

消すご本人が描かれています……。


壁の落書きを消した結果03
完璧な再現度ですが、人を食ったいたずらと言うしかありません。

このビフォー&アフターに対する、海外掲示板の反応をご紹介します。

●その男性が、その現場に戻ったという証拠はないよね。本人がその落書きを見たときの写真を見てみたい。

↑その男性が、その現場を去ったという証拠もない。

↑壁に吸い込まれたんだ。永遠に自分が嫌うその壁の中に住むことになったんだ。

↑どんでん返し……その絵の男性自身がグラフィティ・アーティストだった!

●子供のころ、父親に新しいビジネスのアイデアを伝えた。それは落書きを朝晩消すというビジネスで、仕事がなくならないように、朝晩自分で落書きをしてまわるというものだった。父親は感心したと同時に失望していた。

●きっと最初の落書きは、SMのうさぎペアによって消されたんだ。

↑正確にはウサギと猫。

↑ハローキティは猫じゃないとクリエイターが言ってたような。

↑本人は猫だと思ってるので、サンリオも認めてあげるべきだ。

●その男性が自分の落書きを消している写真が欲しいよ。そして消えたところでまた描かれる。このときには2人になっていて、それが延々と繰り返されるんだ。

●こんな風に?
壁の落書きを消した結果04

↑永遠でないと。

●これでどうだろ。
壁の落書きを消した結果05

●彼はこんなことをするには賃金が少なすぎるって顔をしてる。

●もしかしたら建物のオーナーかもしれないぞ。

●こういう極端ないたずらは好きだ。


困ったイタズラではありますが、ここまでそっくりに描けることに感心の声があがっていました。

確かに究極のからかいかたではありますね。

Graffiti Removal Guy comes back to discover image of himself in the same spot

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。