歴史 / zeronpa / URL
2014年10月08日 20:13

130年前に来日したイタリア人が撮影した日本…明治維新直後の息遣いを感じる写真いろいろ

 

アドルフォ・ファルサーリ00
江戸時代が終わり明治時代が始まったのが1868年。それから5年後の1873年、イタリア人写真家のアドルフォ・ファルサーリ氏が来日し、1880年代に横浜で写真館を開きました。

写真に色が付いているのは、外国人向けの土産写真とするためで、日本の熟練した職人によって1枚1枚丁寧に塗ってあります。

明治維新真っただ中の日本を、イタリア人ならではの視点でとらえた写真の数々をご覧ください。

1.
アドルフォ・ファルサーリ01
水位の下がった川底から。


2.
アドルフォ・ファルサーリ02
芸者さんたち。


3.
アドルフォ・ファルサーリ03
何かの祭事と思われる行列。


4.
アドルフォ・ファルサーリ04
屏風の前で。


5.
アドルフォ・ファルサーリ05
女性2人を乗せた駕籠(かご)。


6.
アドルフォ・ファルサーリ06
傘職人。


7.
アドルフォ・ファルサーリ07
屋形船。


8.
アドルフォ・ファルサーリ08
調理風景。


9.
アドルフォ・ファルサーリ09
人力車。


10.
アドルフォ・ファルサーリ11
京都市の四条通。

アドルフォ・ファルサーリ12
フランス人画家のルイ=ジュール・デュモランは、ファルサーリ氏の写真をモチーフに鯉のぼりを付け加えた絵を描いています。


11.
アドルフォ・ファルサーリ13
金閣寺。


12.
アドルフォ・ファルサーリ14
港の風景。


13.
アドルフォ・ファルサーリ18
「士官の娘」と題されたポートレート写真。


14.
アドルフォ・ファルサーリ15
横たわる女性。


15.
アドルフォ・ファルサーリ16
盆栽。


16.
アドルフォ・ファルサーリ17
タバコをふかす女性。


17.
アドルフォ・ファルサーリ19
美しい庭園。


18.
アドルフォ・ファルサーリ20
3人娘。


19.
アドルフォ・ファルサーリ22
籠職人。


20.
アドルフォ・ファルサーリ23
添い寝する2人の女性。


21.
アドルフォ・ファルサーリ21
紋付き袴の花婿と、白無垢の花嫁。「祝言」の写真。


22.
アドルフォ・ファルサーリ24
田子の浦から見た富士山。
百人一首、山部赤人の歌そのままですね。
「田子の浦ゆ うち出でてみれば 真白にそ 富士の高嶺に 雪は降りける」
現代語訳:田子の浦から(富士山の見えるところまで)出てみると、富士山の高嶺には真っ白い雪が積もっている。


観光客向けの写真であることや、1枚の撮影に5秒〜15秒程度かかったことを差し引いても、イタリア人の目に写った1880年代当時の日本の様子が伝わってきます。

現代のCG技術を駆使したと言われても違和感がないくらい、彩色職人の技術が光っていますね。

1841年に北イタリア(当時はオーストリア帝国の支配下にあったロンバルド=ヴェネト王国)に生まれたアドルフォ・ファルサーリ氏。1863年に渡米、奴隷制に反対して南北戦争の北軍に従軍したあと、1873年に来日しています。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。