2014年10月13日 12:47

もしも危険な野生動物に遭遇したら…知っておきたい対処法いろいろ

 

野生動物に遭遇したときのライフハック00
都会暮らしをしていると野生動物を意識することはありませんが、旅行やキャンプなどへ行けば、いつ危険な動物に遭遇するかはわかりません。

野生動物に襲われたときの対処法(北米編)をご紹介します。

コヨーテの場合
野生動物に遭遇したときのライフハック01

野生動物に遭遇したときのライフハック02
・コヨーテが近づいてきたら決して恐れているところを見せてはいけない。
・正面からコヨーテの目を見て視線を外さない。
・石などをぶつけたりして、怒鳴る。


ピューマの場合
野生動物に遭遇したときのライフハック03

野生動物に遭遇したときのライフハック04
・走ったり、うずくまったりしない。
・走ることで、ピューマの追いかける習性を刺激する。
・うずくまるとエサだと思われる。
・視線を外さずにゆっくり後ろに下がる。
・もし攻撃をしてきたら、立ったままでいなければいけない。
・倒れるとすぐに顔と首を引き裂かれる。
・いつまでも興味を持たれていたら石、枝、素手などで戦い、追い返す。


クマの場合
野生動物に遭遇したときのライフハック05
クマは種類によって対処方法が異なる。

野生動物に遭遇したときのライフハック06
・アメリカグマ(クロクマ)の場合は自分を大きく見せる。

野生動物に遭遇したときのライフハック07
・立ち上がって、大きな声や音を出す。

野生動物に遭遇したときのライフハック08
・もしアメリカグマが攻撃してきたら、ありったけの力を使い目や鼻を狙ってパンチをすると、ほとんどは逃げていく。

野生動物に遭遇したときのライフハック09
・ハイイログマ(グリズリー)の場合、なすすべはなく、対処方法は死んだフリくらいである。

野生動物に遭遇したときのライフハック11
・ハイイログマに投げまわされたあとも死んだフリを続ける。ハイイログマは本当に死んだかチェックすると言われている。


ヘラジカ(ムース)の場合
野生動物に遭遇したときのライフハック12
・巨大なヘラジカは森の中のチャック・ノリスのようなものだ。
・走って逃げて木に登る。
・もしノックアウトされたら、頭を覆って出来るだけじっとしている。


これでもうアウトドアは安心……というわけではないですが、動物の性質を知っていることが生死を分けることもあります。

でも一番安全なのは、やはり危険な野生動物とは出くわさないようにすることですね。

How To Survive Animal Attacks - YouTube

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(5)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。