食品 PR / coush / URL
2014年10月30日 11:00

極上の口どけの代償に冬期しか販売できない「メルティーキッス」がいよいよ解禁、新しい3種類のフレーバーを試してみました

 


すっかりと肌寒くなり、家でぬくぬくとくつろぐ時間がこの上なく幸せなこの季節、すっかり冬の風物詩となったプレミアムチョコレート『 メルティーキッス 』が、今年も新しくなって10月28日に発売されました。

溶ける温度を低くして雪のような口どけを実現した代償に、寒い季節しか販売できないという女性に人気のこの製品、今年発売された「プレミアムショコラ」「香ばしきなこ」「フルーティー濃いちご」の3つのフレーバーを試してみました。


日本で初めて冬期限定のプレミアムチョコレートとして誕生したこのメルティーキッスは、今年で発売からもう23年目を迎えるロングセラー商品。

通常よりも低い温度で溶けるために、寒い季節にしか販売できない冬期限定商品として誕生。その雪のような口どけが女性を中心に人気となり、今や誰もが知る冬の定番となりました。

その味わいは年々進化を続け、今年もまたより美味しくなったメルティーキッスが、10月28日から全国で販売が始まっています。

Meltykiss(メルティーキッス)|明治


今年のメルティーキッスは、「プレミアムショコラ」「香ばしきなこ」「フルーティー濃いちご」の3種類。そのプレミアム感を象徴するように、まるで宝石箱のように華やかなパッケージが目を引きます。

今年のメルティーキッスは、定番のプレミアムショコラの雪のような口どけに加え、ベネズエラ産カカオを使用することにより、カカオの深いコクとナッティで華やかな香りを実現し、昨年よりも進化したのだそう。


実際にプレミアムショコラを食べてみると、口に入れたとたんにスッと溶ける極上の口どけ、そしてフワッと広がるクリーミーで濃厚な味わいに、香ばしいチョコレートの香り…ああもう幸せ…!


またフルーティー濃いちごも、チョコレートと深みのあるさわやかないちごの酸味が鉄板の美味しさ。香ばしきなこも、チョコレートながらどこかほっとする和の風味が実に絶妙。

口の中で時間差で溶けていく3層のチョコレートの味わいの変化が楽しく、じっくり味を楽しみたい冬スイーツにぴったりです。


この雪のような口どけの秘密は、25度を超えると急速に溶け始め、35度では完全に溶けてしまうカカオの成分、ココアバターの割合を工夫して融点を低くしているためなのだとか。

ただしその代償に23度以下という厳しい保管条件が課せられるため、暑い季節の流通は難しく、冬期限定の商品となってしまったのだそうです。

ちなみに販売価格は税抜き246円とちょっぴりプレミアムですが、味わいと香りはそれ以上にプレミアム。

コンビニやスーパーでちょっとしたプチ贅沢が楽しめる冬季限定のメルティーキッス、寒い季節に暖かい部屋でまったりとくつろぐひとときにおすすめですよ。

Meltykiss(メルティーキッス)|明治

 

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。