2014年11月22日 22:33

最愛の犬を亡くした猫がとった行動が感動を呼ぶ

 

最愛の犬を亡くした猫がとった行動00
犬のチャーリーは、2週間前にがんを患って亡くなりました。

いつも一緒にいた猫のスカウトは、最愛の家族を失ってショックに打ちひしがれたそうです。

そんな猫のために、飼い主があるものを用意したという写真が感動を呼んでいました。

1.
最愛の犬を亡くした猫がとった行動01
生後5週間の子猫の時にやってきたスカウト(メス)は、最初の晩は犬のチャーリー(オス)に抱かれていないと眠ることができませんでした。


2.
最愛の犬を亡くした猫がとった行動02
スカウトはどんな時もチャーリーのそばを離れようとはせず、ふたりは最高の関係でした。


3.
最愛の犬を亡くした猫がとった行動03
優しいチャーリーは、スカウトが望むことはどんなことでもさせてあげていたそうです。


4.
最愛の犬を亡くした猫がとった行動04
食事も一緒。スカウトはチャーリーの耳を嗅ぐのが好きでした。


5.
最愛の犬を亡くした猫がとった行動05
チャーリーも耳を嗅がれると、幸せそうな表情を浮かべていたそうです。


6.
最愛の犬を亡くした猫がとった行動06
チャーリーがどこかへ行くと、必ずついて行くスカウト。

しかし……そんなふたりの関係も終わりを迎えます。

チャーリーが病気によって他界したのです。

7.
最愛の犬を亡くした猫がとった行動07
打ちひしがれるスカウトのために、チャーリーのベッドの上にiPadを置き、チャーリーの映像を再生しました。

映像をじっと見つめるスカウト。

すると……


8.
最愛の犬を亡くした猫がとった行動08
なんとiPadに寄り添うように丸くなったのです。


9.
最愛の犬を亡くした猫がとった行動09
スカウトと、そして私(飼い主)は、大きな存在を失って、とても寂しい思いをしています。

この写真に対する、海外掲示板のコメントをご紹介します。

●職場の人は閲覧注意、涙が止まらなくなる。

●なんてこった、その猫がiPadに寄り添うまでは自分は大丈夫だったんだ……。

●ううっ……。

●ちょっと自分の猫を抱きしめてくる。

●自分は泣いてなんかないよ、でもおかしいな、顔が濡れてるんだ。


ペットに別れはつきものですが、動物同士の別れを見るのもつらいものがあります。

My doggy died of cancer 2 weeks ago; my cat misses him.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(7)
この記事へのトラックバック
1. 最愛の犬を亡くした猫がとった行動が感動を呼ぶ  [ 他力本願 ]   2014年11月22日 23:09
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。