2014年11月28日 19:18

スマホRPGもここまで来たか…!ゲーム機に迫る勢いの、どっぷり遊び込める最新スマホRPG3選

 

 
ちょっと前までは、スマホのゲームと言えばちょちょっと遊べるミニゲームみたいなものばかりでしたが、最近では超大作RPGでさえも、ゲーム機に優らずとも劣らないボリュームのタイトルが数多く登場しているようです。

そこでファミコン時代(古っ)からのRPG好きとして、最近のスマホ用RPGをどっぷりプレイ、その中で印象的だった3タイトルの、特徴やゲームシステムをまとめてみました。

SKYLOCK(スカイロック)

gloops / 対応機種:iOS(iPhone/iPad),Android / 縦画面 / 基本プレイ料金無料 / アイテム課金


先鋒を切るのは、2014年10月にリリースされたばかりのRPG『SKYLOCK(スカイロック)』。今回の3タイトルの中では最も新しいタイトルです。


SKYLOCKは3タイトルの中では最後発だけあって、幹大樹氏によるイラストレーション、有名声優(下野紘、櫻井孝宏、沢城みゆき、新垣樽助、大塚明夫、大谷育江、井上麻里奈など)によるフルボイスのシナリオ、マップや戦闘シーンも3Dであるなど、土台となる世界観の完成度はダントツ。

またスターオーシャンやテイルズオブシリーズを手掛ける桜庭統氏による壮大な音楽も、壮大な世界観をより盛り上げてくれているようです。


またバトルシーンも…おお、よくできてる!

フル3Dのバトルはターン制で、タッチ操作に最適化。また早送りモードなど冗長にならない工夫もあって、ゲーム展開はとてもスピーディーでいい感じ!


魔者は技Pで発動する複数の技を持つほか、魔者の力を合わせて発動するコンボ技も…って強烈すぎるだろこれ!

技を発動するための技Pもクエストの中で何発分かを貯められるため、ボス戦でド派手なコンボを決めていきなりボスを即死させたりと、戦略のバリエーションの幅が広く、作業になりがちな戦闘シーンが結構楽しい感じ。

クエストは程よい長さでレベルも上がりやすく遊びやすいので、空き時間などにカジュアルに遊びたい人にはオススメ。また絶えず登場する数多くの魔者、そして合成や進化などやり込み要素も多く、じっくり取り組むにもやりごたえがありますよ。

SKYLOCK(スカイロック) iOS版Android版

ブレイブフロンティア

Alim / 対応機種:iOS(iPhone),Android / 縦画面 / 基本プレイ料金無料 / アイテム課金


続いてプレイしてみたのが、Alimが2013年7月にリリースしたRPG『ブレイブフロンティア』。


このタイトルは、マップやシナリオはシンプルにとどめた「戦闘特化型」。

遊んでみると…こちらはマップもほぼ1本道で、シナリオはおまけ的な感じのようです。


ところが戦闘シーンはというと、おおこれは…FFっぽい!?

FF6までの戦闘シーン風のバトル画面では、キャラクターは全てドット絵風に描かれ、あの頃プレイした人たちには、まさにドストライクな感じ。

また面白いことに、ターン制でありながら味方ターンで全員が同時に攻撃を行うので、誰が何に攻撃したか細かいことはわからないものの、ド派手なエフェクトが爽快で楽しいんですよ。


さらに必殺技が複数炸裂すると…何が何だかわからないけどスゲエェ!!

そうそう、あと勝手にクエストクリアまで戦ってくれるオートモードも搭載しているので、レベル上げがラクなのもいいですね。

ほかのタイトルと同じく、合成や進化といった要素も網羅。この辺はスマホRPGの定番なのか、多くのタイトルで採用されているシステムのようです。

ファミコン世代の私から見ると、ブレイブフロンティアはFFに近い感じ。スカッと気持ちいい戦闘でひたすら敵をなぎ倒す爽快感を楽しむなら、かなりオススメです。

ブレイブフロンティア iOS版Android版

チェインクロニクル

セガ / 対応機種:iOS(iPhone/iPad),Android / 横画面 / 基本プレイ料金無料 / アイテム課金


そして今回紹介する中で唯一の横画面タイトルが、セガの『チェインクロニクル』。


グラフィックや音楽、作り込みはさすが大御所のセガ。

イラストの書き込み具合は恐らく3タイトルの中で最も深く、またキャラクターの音声には石田彰、佐倉綾音、内田真礼、緑川光、井口裕香、花澤香菜、野中藍、三上枝織、小清水亜美など有名声優陣を起用。

イラストレーターもメインビジュアル担当にtoi8氏を起用した総勢84名と、そうそうたる顔ぶれです。


チェインクロニクルのバトルシーンは独創的で、リアルタイムなボードバトルという感じ。コミカライズされた二頭身の3Dキャラクターがまたかわゆいですね。

騎士やアーチャー、魔法使いといった特徴的な攻撃ユニットを戦略的に配置し、効率よく敵を倒していくという戦略性の高いもので、ただただ連打でゴリ押しするだけとは一味違う戦闘が楽しめます。


各キャラクターの必殺技も、攻撃レンジが多彩で戦略性が高く、頭を使わないと空振りも。戦闘中は結構操作が多く、気軽に楽しむというよりは、しっかりゲームをしている感じ。

1回1回の戦闘をじっくり楽めるゲーマー向けな作りは、さすが老舗のセガといったところ。「最近のゲームはぬる過ぎる!」「連打するだけのゲームなんてゲームじゃない!」なんて感じているコアゲーマーな人にオススメです。

チェインクロニクル iOS版Android版

総評

かつてはミニゲームばかりという印象だったスマホゲームも、3タイトルを遊んでみると、どれもしっかりと作り込まれたタイトルであることにまず驚きました。そしてスマホのタッチ操作を取り入れ、かつてのRPGで煩わしかった部分を大胆に排除するなど、全体的に洗練されている印象でした。

キャラクター収集や合成、進化といったRPGの人気要素は各タイトルしっかり押さえつつ、戦闘やシナリオなどでそれぞれ個性が出ていて、ちゃんと差別化しているのはさすがといったところ。

とりあえずどれが一番かは決めかねますが、王道RPG好きならスカイロック、ド派手な戦闘が好きならブレイブフロンティア、そしてコアゲーマーならチェインクロニクルがオススメと言ったところでしょうか。

ちなみに各タイトルとも、あまりプレイしすぎるとしばらく戦闘ができなくなるので、ローテーションで遊んでみるってのもなかなかいいですよ!

SKYLOCK(スカイロック) iOS版Android版

ブレイブフロンティア iOS版Android版

チェインクロニクル iOS版Android版

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。