2014年11月29日 13:38

「これが200年前に作られたとは…」すごい技術だと絶賛されていたアンティークの机

 

200年前のアンティーク机00
文明の発達とともに精巧なものが作られる時代になりましたが、今の技術を持ってしてもなかなか再現できない、職人業も数多く残っています。

200年前のアンティーク机が海外サイトで称賛されていました。

驚きのデザインと機能性をご覧ください。


The Roentgens' Berlin Secretary Cabinet - YouTube

200年前のアンティーク机01
見た目はゴージャスではあるけど、普通の机……というよりもキャビネットですね。

200年前のアンティーク机02
ところが鍵を開けると、次々に仕掛けが動き出します。

200年前のアンティーク机03
自動的に飛び出す引き出し。

200年前のアンティーク机04
机も出てきました。

200年前のアンティーク机05
こうしたボタンを押すと……。

200年前のアンティーク机06
裏ではこんなからくりが。

200年前のアンティーク机07
細部にいたる設計のひとつひとつが驚異的。

200年前のアンティーク机08
パカパカと開いていくテーブル。

200年前のアンティーク机09
これだけの仕掛けを200年前の職人さんの手で作り上げたとは、感服するしかありません。

この完成度の高さに、映像を見た誰もが驚いていました。

海外のコメントをご紹介します。

●もうこれのせいで、自分はどんな日曜大工を見ても感動できそうにない。

↑なんてこった。秘密の区画の中に秘密の区画がある。混乱する。

●これでオレの大事なものが隠せる。

↑それは隠れたトレイの中の箱に入ってるんだろ?

●The Roomというゲームを思い出した。

●何をどこに入れたか、もう思い出せそうにない。

●ウッドワークの職人レベルが高すぎて、痛いくらいに響く。

●1トンくらいの重さがありそうだ。

●一体いくらくらいするんだろう。

↑150万ドル(約1億8000万円)くらいの価値のようだ。

↑3つほどください。

●IKEAのデスクを組み立てるだけでも、すごいバトルだと言うのに……。


この精巧な作りには感心せざるをえませんね。

アンティークの価値もあって当然ながら高額ですが、これは納得のキャビネットではあります。

This antique desk is over 200 years old! Watch what it can do and then remember this was all done with hand tools.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(4)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。