2014年12月01日 12:07

「ちょっと待って、これだとライオンは滅びてしまうと思うんだけど…」ノアの方舟の絵に対する大きな疑問

 

ライオンとノアの方舟00
旧約聖書の有名なエピソードである「ノアの方舟(はこぶね)」。大洪水の前に、ノアが方舟に家族とすべての動物を乗せて、新天地へ向かうお話です。

その時に乗せた動物たちは子孫を残せるよう2匹ずつのつがいで、欧米では子供向けに絵本がたくさん出ています。

ところがある絵本に対して、「これでは子ライオンを作るのはかなり難しいのではないか…」と注目を集めていました。

どんな絵だったのかというと……。

ライオンとノアの方舟01
神話のお話通りに2頭ずつ、つがいで船へ乗りこむ動物たち。

子孫を絶やさないためゾウも2頭、キリンも2頭、ライオンも2頭……。

ん? ライオン?

んんん?

2頭ずつであるのはいいとして、このライオンの組み合わせは……。

そこはかとなく禁断(?)の香りが漂っております。

絵本とはいえ、生物学的にライオンの血筋は途絶えてしまいそうです。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●わかるまでにしばらく時間がかかった。2頭のライオンの股間を必死で見ようとしていた。そこで気づいた。自分はバカだ。

↑自分もバカだった。

↑自分はまだわからないので誰か説明して。

↑メスライオンにたてがみはないんだよ。

↑どうして?

↑スタイリッシュじゃないからさ。

●きっとガゼルたちも両方オスだね。

↑今日自分は、ノアがゲイ・オンリーのクルーズを造っていたことを知った。

↑そして疑いもせずに乗った、2人の男たちが女を探す旅……。

↑自分は真実を知りたい、それ(ガゼル)は本当に2匹ともオスなのか。

↑まちがいないよ。両方オスだよ。ちなみにメスとオスの写真。
ライオンとノアの方舟02
ゲイ・オンリー・クルーズはもう間違いない。

●ライオンにもあるんだ。

↑いちおう起こる。
ライオンとノアの方舟03

●生命というのは、自然にその道を探すんだ。


子供向けの絵本とはいえ、イラストの描写は正確に描いてほしいところではあります。

ちなみにライオンのオス・メスの区別についてよくわかっていない人が、海外掲示板にはそれなりにいました。

I think Noah is going to have a little trouble breeding the lions

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(12)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。