2014年12月08日 11:00

ひ、独り身には辛すぎる…!寂しいクリスマスが余計に切なく感じるマンガランキング TOP10

 


ああ、管理人さんのようなおよめさんがほしーい!

もういくつ寝るとクリスマスですが、独り身にとってはイブの日から当日にかけて寂しさがうなぎ登りです。

そんな気持ちをさらに高めて極めてくれるステキな恋愛が描かれた、ソロプレーヤーにとってはある意味劇薬のような「寂しいクリスマスが余計切なく感じるマンガ」のランキングを、電子書籍サイト eBookJapan が作成しました。

いままで「 運動会の助っ人にほしいヒーローはだれ? 」「 仲間にライバル、敵キャラなどなど魅力たっぷりの脇役が揃ってるマンガはどれ? 」「 主人公がうらやましすぎるマンガはなに? 」と、普通のマンガランキングにはまずないテーマのランキングをお送りしてきましたが、今回のテーマもオリジナリティがあふれ出てますよね。

さすが、少年少女青年マンガなど津々浦々のマンガを取りそろえ、新作旧作名作好きな読者が多いeBookJapanと言うべきでしょう。

1位: めぞん一刻

「男はつねに前のめりに生きねば」というのはいいけど、自信満々すぎる五代くんがちょっとまぶしい。彼の失敗が怖いという感情が薄く、ウジウジしながらも意外と素直で行動力が高いあたり、男として負けているような気がしてなりません。管理人さんとの生活も本当に羨ましいけど、現実に負けない不屈のココロが勝ち組となるのでしょうか。就活失敗の下りに「ざまあ」と思っちゃうのは許してください。

2位: きまぐれオレンジ☆ロード

頭はいいしスポーツ万能だし音楽センスも高くてアイドル級のルックスを持つけどスケバン的という、一科目だけダメという隙を見せまくりなまどか。またこの子がですね。主人公くらいにしか嫉妬している顔を見せないツンデレでしてね。そりゃ年頃の男子はグラリとくるわけですよ。最後の最後をキスシーンで終わらす展開は、ボディタッチ過多な昨今のマンガと比べようにないほど、青春力が強烈。この時期に読んではいけません。ダメージ9999確実。

3位: 失恋ショコラティエ

モテまくりなイレグイなのに、サエコさんのことに限っては妄想だけでしか手を出せないチキン!すっごいOKサイン出しているのにスルーしまくりだし。でもいいな!くやしいな!とは思えないんですよね。サエコさんがあまりにも地雷物件だからでしょうか。男子的にはコメディですが、女子が見たら萌え度の高い危険なマンガですご注意を。そして個人的には幸が薄すぎるけどツッコミセンスに長けた薫子さんエンドを期待します。というか薫子さんあっての失恋ショコラティエです(断言)。

4位: 花より男子

特別な冒険をしていなくても、出会い1つで世界がパアッと開けるんだというジョットコースターストーリーが見事。主人公のつくしはラオウの「退かぬ!媚びぬ!省みぬ!」をかなりのレベルで体現しているキャラ。マイペースで「ずっと俺のターン!」な男らしさを見せつけてくれます。道明寺司は俺様とみせつけてぶっちゃけヘタれだから親近感UP。でも大金持ちの息子という立場はただただ羨ましい。

5位: ハチミツとクローバー

クリスマスに直結するラブストーリーではありません。誰もが片思い。主はきません。そして「こんな大学生活を送りたかった」という昔を振り返りたくなる、選択肢を選び直したくなる系です。最初はいいけど後半に行くにしたがって、ハートが痛く、痛苦しくなってきます。気持ちいいけど切なすぎる読後感は、彼氏彼女がいないというより友達含めてボッチな立場に致命傷すぎです。というか真山!なんで山田さんフッちゃうんだ!唯一の常識人のはずが夢と理想に生きちゃって!

6位: 君に届け

純粋に恋をしたくなる、という意味では破壊力絶大。男子にとっても要注意物件が「君に届け」。爽やか、優しい、真面目と三拍子揃った人間なんていねえ!そうだ翔太!お前はATフィールド開いていないんだ!でもモテやがってこんちくしょう!こういう誰にでも優しいけどちょっと黒いところもあるキャラは、やはり爽子のような天然系美少女が落としていくのでしょうか。メモとらなきゃ!ここきっとテストでるよ!

7位: うさぎドロップ

アニメ版を見たことがある方もいるでしょうが、アニメで描かれていたのは物語の半分未満。軽くネタバレすると、りんちゃんはコウキと付き合いません。ダイキチと二谷さんも付き合いません。さあ5巻以降をいますぐチェック!何故この作品を見て切ないキモチになるのか、その真髄と、どこまでもハートフルな結末を知るがいい!なお、おっさんスキーにとっては鬼門です。ダイキチ可愛すぎる。

8位: I''s<アイズ>

いち男子からみて一番羨ましく妬ましい主人公がここにいます。ハーレム系ですが一気にあつまって大騒ぎではなく、高校二年生から高校卒業後まで途切れずにモテる、誰かと付き合ってちょっと飽きてきたくらいのタイミングでNEXT STAGEというそのシチュエーション。しかも作者は桂正和先生ですよ。桂先生的美少女勢揃いですよ。

9位: いちご100%

優柔不断にもほどがある!
これがモテの化身とは夢も希望もありません。

10位: 3月のライオン

最初こそ「僕には将棋しかない」的なトーンでしたが、次第に友達や先輩が増え、なんでしょうこのリア充め!と憤ってくる感じ。いやいいマンガなんですよ!なんですけど独り者には堪えます。いいなあ。月島や佃に住みたいなあ。姉と妹たちと、佃小橋を散歩したいなあ。

「寂しいクリスマスが余計切なく感じるマンガ」ってつまるところ人と人とのふれあいがステキで、羨ましくなっちゃうマンガのことなんですね。おひとりさまもカップルでも、ぜひ読んでほしい名作揃いでした。

どのタイトルも今すぐeBookJapanで読めますよ!レッツ、アクセス!

eBookJapan

他にはない、マンガのおもしろランキング。次回1月には「この技を使えたら世界が変わったのにと思う必殺技は?」をお届けします。腕が…じゃなくて中二病ゴコロがうずきますね!

またeBookJapanではクリスマスに向けて、 マンガ好きの男女に聞いた「今年のクリスマスにデートしたいマンガキャラ」ランキング も調査したようですよ。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。