2014年12月08日 12:12

「さすがIT系としか言いようがない…」と感心されていたクリスマスの飾り

 

クリスマスリース00
12月に入ると、どこにでもクリスマス飾りを見るようになります。

会社のオフィスでも、ちょっとしたクリスマス気分を演出しているところがありますが、とあるIT企業のドアに飾られていたものが、「さすがIT系」だと感心されていました。

どんな飾りだったのかというと……。

クリスマスリース01
おお、これは!?

ぱっと見でわかるクリスマスカラー。

それも福を呼ぶと言われるクリスマス・リース。

クリスマスリース02
本来はモミの木や柊の木で作るものですが、コンピューター基板をベースにしています。

ぴかぴかと光るCDも散りばめてあり、赤いLANケーブルのリボンをワンポイントで取りつけたら、完璧なITクリスマスの出来上がりです。

何の会社がよくわかるこの面白いアイデアに、海外掲示板にはたくさんの意見が寄せられていました。

●「メリークリスマス! ところでうちのPCが動かないんだ。リース作るのにちょっと中から取ったけど、あまり重要そうでもなかったんだ。ちょっと見てくれるかい?」

(投稿者)自分の働いているところでは、それに全く驚かない。

↑大丈夫だよ、きっともっとダウンロードすればいいだけだよ。

●作ってみた。
クリスマスリース03

●メモリー・クリスマス!

●これで理由もわからずに捨てられないでいた、256MBのメモリチップの使い道がわかったよ。

●このリースの価値は、だいたいどのくらいなんだろう。

●コンピューターショップに勤めているが、これが店に欲しい。

●IT系らしさとはつまり、かなり暇であることなんだな。

●なんか美しい。


不要になったメモリーが余っているIT企業ならではですね。

部門別にいろんなクリスマス飾りが作れそうです。

The door to my IT office this morning

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。