2014年12月08日 21:20

「ああ、もったいない…」とてつもない速さで1億円が消し飛んだ決定的瞬間

 

1億円の資産がとてつもない速さで消し飛ぶとき00
1億円を失うなんてことは、庶民には全く想像もつかない世界ですが、アメリカ・ダラス州の男性が信じられないほどの速さで、資産を失ってしまったそうです。

いったい何がどう速かったのか、よくわかる写真をご覧ください。

1億円の資産がとてつもない速さで消し飛ぶとき01
ガソリンスタンドで給油しているしているのは、前日納車したばかりだというオーナーの男性(27歳)。

何やらすごい形をした車ですが、こちらは「マクラーレン・P1」という、2013年に発売されたハイブリッド・スーパーカー。

前日に納車したばかりだそうで、心はウキウキ、興奮が止まらないといったところでしょう。

1億円の資産がとてつもない速さで消し飛ぶとき07
色違いですが、フロントはこんな形。

1億円の資産がとてつもない速さで消し飛ぶとき08
リア側。

生産予定台数は375台で、お値段は100万ドル(約1億円)!

0-100km/h加速は2.8秒、0-200km/h加速は6.8秒、0-300km/h加速は16.5秒、最高速は350km/hというモンスターマシン。
マクラーレン・P1 - Wikipedia

さて、こんな馬鹿速い車を走らせた結果、どうなったかというと……。
(ああ、なんかもう、嫌な予感しかしないけど)

……。


1.
1億円の資産がとてつもない速さで消し飛ぶとき02
こうなりました。

2.
1億円の資産がとてつもない速さで消し飛ぶとき03
ああ、1億円……。

3.
1億円の資産がとてつもない速さで消し飛ぶとき04
たしかに、とてつもない速さで1億円が消し飛びました。
(納車から24時間足らずという点からも、スピードの出し過ぎの点からも)

4.
1億円の資産がとてつもない速さで消し飛ぶとき05
ガードレールやタイヤのめり込み具合が、衝突の激しさを物語っています。

5.
1億円の資産がとてつもない速さで消し飛ぶとき06
でもさすがはスーパーカー、運転席まわりは頑丈にできているのか、運転手の男性は命に別条はないとのことです。

安い設計だったらそうはいかなかったかもしれないので、そう思えば高い金額もまったくの無駄ではなかったのかもしれません。

でも……、やっぱりもったいないですね。

The Quickest Way to Lose One Million Dollars

F1 2014
F1 2014
posted with amazlet at 14.12.08
codemasters (2014-10-02)
売り上げランキング: 1,802

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(6)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。