2014年12月09日 20:42

イギリスの湖の下に「秘密の部屋」があった…19世紀に建てられた史上最悪の愚行とも言われる水中ドーム

 

湖の下に秘密の部屋00
イギリスのとある湖の真ん中に、ポツンと立つ海神ネプチューン(ポセイドン)の像。

なんとこの下(水深12m)には、大富豪が1800年代に建てた秘密の部屋があるというのです。

いったいどんな構造になっているのでしょうか……。

1.
湖の下に秘密の部屋09
場所はイギリスのサリー州のウィットリー・パークにあり、ウィテカー・ライトという鉱山業の投資によって莫大な財産を築いたアメリカ人の富豪によって建てられました。


2.
湖の下に秘密の部屋01
岸側から見たところ。


3.
湖の下に秘密の部屋02
地下へつながる階段。


4.
湖の下に秘密の部屋03
下りて行くと……。


5.
湖の下に秘密の部屋04
通路に到着。


6.
湖の下に秘密の部屋05
この長い通路の上は湖です。


7.
湖の下に秘密の部屋06
天井の高い部屋(社交ダンスホール)が見えてきました!


8.
湖の下に秘密の部屋07
ドーム状の外壁は半透明の窓になっていて、水族館のようになっています。


9.
湖の下に秘密の部屋08
部屋の全貌。


10.
湖の下に秘密の部屋11
当時の建築技術で水中にどうやって建てたのか不思議に思いましたが、実は人造湖で、先に建物を作ってから湖に沈めたようです。(写真は建設時のもの)


11.
湖の下に秘密の部屋10
ちなみにオーナーであるウィテカー・ライトは、後に偽の金鉱会社の株で儲けていたことが発覚し、巨額詐欺事件の有罪判決を受けた当日にシアン化物(青酸カリなど)によって、自らの命を絶っています。

詐欺の悪行もあってか、この贅を尽くしたビクトリア朝の水中施設の建設は、イギリス史上最悪の愚行と評価されることもあり、普段は立ち入ることができないそうです。

A secret ballroom underneath a lake built in the 1800s

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。