2014年12月10日 12:07

サッカー観戦後に夫と息子が交通事故死、次の試合に招待された妻が選手たちのシャツを見たとき…」涙が止まらないと感動を呼んでいた写真

 

サッカーの試合帰りに交通事故00
カメラに向かって無邪気にポーズをとっているのは、ローマの応援をしているステーファノ・デ・アミーチスさん(37歳)とクリスティアンくん(7歳)の親子。10月にローマの本拠地で行われたバイエルン戦の後、交通事故により帰らぬ人となりました。

チームと選手は哀悼の意を表明し、残された妻と娘のふたりを、翌月の試合に招待することにしたそうです。

そのとき撮影された写真が、涙なくしては見られないと感動を呼んでいました。

サッカーの試合帰りに交通事故02
現れた選手たちのシャツには、ふたりのあの写真がプリントされていたのです。

サッカーの試合帰りに交通事故01
それを目にした、妻のルアナさんと娘のミシェルちゃん。

ルアナさんは、声もなく、しばらくその場に立っていたと言います。

このチームと選手の計らいに、海外掲示板には世界中から感動の声が寄せられていました。

●その目は泣き止むことのなかった目だね。

↑13年前に交通事故で妹を失ったときも、私の目は半年ほどこんな感じだった。

↑自分は多くの友人を亡くしてきたが、一番恐ろしいのは両親でも叔父でも姉妹でもいとこの死でもなく、子供と妻を失ってしまうこと。夫と息子を亡くしたこの女性のつらさは想像もつかないが、考えるだけで心が痛む。哀悼の意を表するチームの計らいはすばらしいと思う。

↑うちの父親は最初の妻を交通事故で失ったんだが、彼がどんなつらかったかを想像するだけで心が痛い。

●試合と試合の間隔はどれくらい空いていたのだろう。それが次の試合なら、自分なら行けたかどうかわからない。

↑2週間ほどだよ。(チャンピオンズリーグの次の試合)

●選手たち。
サッカーの試合帰りに交通事故03

●なんてこった……。これは落ち込んでしまう。

↑思ったより心に響いたよ。

●この計らいによって、彼女はさらに悲しくなったりはしないだろうか。

↑悲しみをうまく乗り越えるのは失ったことを受け止めることで、忘れてしまうことではないんだ。このチームは団結と思いやりを見せたんだ。それは悲しみをひどくするレシピではない。

●トッティ(10番)の堂々としたボスのような歩き方。

↑トッティはボスだよ。

↑トッティはローマの神。

●グッときたよ。


現在ローマの主将を務めているのは、中田英寿選手の同僚でもあったフランチェスコ・トッティ選手(38歳)。彼は事故が判明した後、公式サイトで以下の弔意を表明しています。
「私は今、とても深い悲しみの中にある。もうこの世にいないステーファノと幼いクリスティアンに別れを告げなくてはならないから。彼らが愛したチームの主将として、人として、そして子を持つ父親として、彼らの家族に哀悼の意を捧げたい」

ご冥福をお祈りします。

This woman's husband and son died in a car crash while going home after a match.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(5)
この記事へのトラックバック
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。