2014年12月14日 22:38

「1年間、同じ時間と場所で空を撮影すると…こんなことになる」スケールの大きな太陽の写真

 

同じ時間&場所で空を撮影00
1年間、まったく同じ空を、同じ時間に撮影して重ね合わせたら、どんな写真が出来上がるのでしょうか。

天体の動きを感じられる写真をご覧ください。

同じ時間&場所で空を撮影01
美しい8の字を描いているのは太陽!


同じ時間&場所で空を撮影02
メビウスの輪のようになっています。

1年を通して見ると、こんな動きをしていたのですね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●地球が傾いた状態で太陽を楕円周回することによるもので、この動きを「アナレンマ」パターンと呼ぶ。
同じ時間&場所で空を撮影03
アナレンマ - Wikipedia

↑アナレンマ・パターンはほとんどの地球儀に描かれているんだけど、大半の人は気付きもしないよ。

●映画「キャスト・アウェイ」でこれを知って驚いた。
同じ時間&場所で空を撮影04

●付け加えると、他の惑星も独自のアナレンマを持っているよ。
同じ時間&場所で空を撮影05
Other Analemmas


星ごとに動きが違うのも面白いですね。

赤道では8の字が真横になるそうですが、気象上の難しさから撮影された例はないそうです。

The Sun, photographed from the same spot, at the same hour, on different days throughout the year

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。