2014年12月26日 08:40

「消失したデータを復旧するプロだけど、何か聞きたいことはある?」知っておきたい回答いろいろ

 

データのリカバリ00
誰もがスマートフォンやパソコンなどのIT機器を使うこの時代、なにより怖いのがデータの消失。

バックアップをとっていたとしても、大事なデータの入ったHDDやSDカードが壊れることは、あまり想像したくありません。

データのリカバリー専門の会社で働いているエンジニアが、
「データの復旧に関する質問があれば、何でも答えます」と、海外掲示板で質問を受け付けていました。

とても参考になるQ&Aをご紹介します。

Q: 一般的に、修復が不可能なのは、どういったケースですか?
A: ギシギシ、カチカチという音や、ブンブンという音が聞こえた後に、何時間も電源を入れたまま放置する人がいる。これはHDDを完全に死なせることになる。変な音が聞こえてきたら、すぐに電源を落とすべき。

Q: 平均的なデータ修復にかかる料金はどのくらいですか?
A: だいたい平均600〜1900ドル(約7万〜23万円)の範囲内。といってもかなりの差だけど、HDDにはいろいろなことが起こる。もちろんビジネス上、顧客を満足させることは大事なので、出来るだけコストを抑えるようにしているが、それでもデータ修復は安価なサービスではない。

Q: HDDからカチカチと音がします。とても重要で修復しないといけないデータがあります。どこかでHDDを冷凍庫に数時間入れると、データを救えるだけの時間だけ動くようなことを目にしたのですが、これは試してみるべきでしょうか?
A: その方法には強く反対する。多分それでうまくいくという人もいると思うけど、最近のHDDはそうした方法は効果的ではない。古い型のHDD(2000年代まで)はひとつのテクニックだった。理由はつっかえた軸を解放させる効果があるためだが、最近のHDDはもっと精密にできている。冷凍庫に入れて動いたなら、入れなくてもそのうち動いたものだろう。

Q: どれくらい、失われたビットコインや他の仮想通貨の修復をしましたか?
A: 1例しか受けたことはないけど回復できたよ。そのときに交わした内容は、客のビットコインには3万ドル(約360万円)の価値があり、こちらの請求額は800ドル(約10万円)くらい。なので(客にとって)良い投資だったと思う。

Q: 素朴な質問:(別に何か隠したいものがあるわけではないけど)他人に見られたり、情報を抜き出されないようにするには、HDDにどんなことをしたらいいですか?
A: これ。(HDD用のシュレッダー) SSI's Shred of the Month: E-Scrap - Hard Drives Shredding - YouTube

Q: 彼女がmicro SDにひびを入れてしまいました。まだ折れてはいないけど、表面の真ん中に亀裂が入ってぐらぐらしています。あなたの意見では、これはもうダメですか?
A: 大丈夫だよ。自分の気持ちさえオープンにすれば、彼女との関係はまだ修復できる。料理についてなど長く話をするといいかもしれない。ダメじゃないよ。
ただしmicro SDについては見てみるまで答えられない。プラスチックに入ったひびがチップに達しているとは限らない。ぐらぐらすることによって配線が接触不良になっている可能性が高いかな。チャンスはあると思うけど、それでも見てみないことには何とも言えない。

Q: 今まで修復した中で、一番奇妙だと思った依頼は何ですか?
A: 留守番電話に対して作業をしたことがある。まあ、おそらくデータの中身について聞かれているのだと思うが、人間はほとんど何でも頼んでくる。成人向け動画、盗んだ映画、なんでもだ。

Q: 職場の環境はどんな感じですか? 想像ではハードウェアなどにホコリなどが付着しないように、消毒ルームみたいなものがあるように思っていますが……。
A: そうだね。クラス100のクリーンルームと呼ばれる部屋があるよ。そこの写真は今ないけれど、HDDなどを取り換えるときに汚染を防いでくれる。本当に厳しく管理されていて、そこに入室するときには特別な服を着ないといけない。そのクリーンルームの外は一般的なオフィスと変わらない。

Q: 誤ってHDDをフォーマットしてしまいました(ドライブ上で右クリックしてフォーマット)。これを取り戻すのにどんなソフトウェアを使ったらいいですか? 50GB分の音楽を取り戻したいのです。
A: 自分たちでその手のソフトウェアを販売しているので、ここでは勧めることはやめておこうと思う。きっとこの掲示板で誰かが勧めてくれるだろうから、その勧められたツールに関して、この手の修復に使えるのかを賛同か否定したりはするよ。正直に言って、ほとんどのツールは役に立つ。ただし自分のファイルシステムに合致してるかどうか、レビューを確認しておくといいと思う。
よくやりがちなミスを忠告するけど、データが消えてしまったドライブにプログラムをインストールをしてはいけない。他のコンピューターからアクセスしないといけない。そしてソフトウェアはフォーマットされたドライブのみにアクセスすべきで、そこに何も書きこんではいけない。ファイルシステムによるが、それがシンプルな修復のやり方だと思う。

Q: 一番チャレンジだと思った修復はどんなものでしたか?
A: 物理的に一番大変なのは火災による損傷で、非常に困難をともなう。

Q: 今までで一番変だと思った個人のデータには、どんなものがありますか?
A: 何も頭に思い浮かばないね。客がそうしてくれと言わない限り、個人データを覗いたりしないので。


答えているのは、datarecovery.comというアリゾナ州の企業で働くエンジニアで、毎日多くのファイルを救い出しているとのことです。

ちなみに掲示板には修復だけでなく、完全削除のしかたに興味がある人も大勢いました。

データの消失も流出も、誰にでも起こりうるリスクなだけに、しっかりとした知識を身に付けたいものですね。

IamA data recovery engineer. I get files from busted hard drives, SSDs, iPhones, whatever else you've got.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。