2014年12月27日 09:30

5兆3000億円分のギフトカードが未使用のままであることが判明

 

ギフトカード
日頃の感謝やお祝いの気持を込めた贈り物として、すっかり定番となったギフトカード。

プレゼント選びで失敗しないメリットがありますが、使用できる店や期限などの制限もあるため、必ずしも有効に使われていない部分もあるようです。

なんとアメリカでは2008年以来、販売されたギフトカードのうち440億ドル(約5兆3000億円)分が未使用のままであることが明らかになったそうです。

Unused gift cards total $44B since 2008

New York Post紙によると、年々ギフトカードの人気が上昇するにつれ、未使用のまま放置されているカードも増加し、過去6年の総計が440億ドルを計上しているとのことです。

小売店では、実際にカードが利用されるまでは収益とみなしていないため、債務責任を小売側が負っている状態だそうです。

巨額の未使用カードが眠っていることに、海外掲示板でも驚きの声が上がっていました。

●このギフトカードのアイデアを出した人物は、とにかくマーケティングの天才だよ。「いつでもどこでも20ドルを払ってくれたら、うちの店でだけ使えるこんなステキなカードを渡しますよ。すばらしいでしょう?」

↑しかも持っていることを忘れたり、紛失するチャンスも加わるんだ。

↑さらに使用したとして、ほとんどはカードの額以上のものを買う。あるいは使わないなら広告として常にに財布に居座っている。

↑さらに、たった1.26ドルだけ余ってしまったカードなんかも、すごい量になる。

↑ついこの間、古いギフトカード16枚を出したら、その合計が35ドルほどあった。レジの人は嫌そうな顔だったけど。

↑スーパーのギフトカードが2枚あって、残高が不明だったので持っていって調べると、両方とも10〜20ドルほど入っていた。レジで清算するとき2枚とも出して、足りない分を払うよと伝えた。すると2枚のカードの合計と、買い物をした請求額がセントの位までぴったり一致した。レジ係と2人で「こんなことってあるの?」と顔を見合わせたよ。

●今クレイジーなアイデアを思いついた! みんなが僕に持ってるギフトカードをくれればいいんだ!

↑自分は20ドルの映画館のギフトカードを1年以上持っていて、デートを待っている。

↑デートは相手がいなけりゃ安く済むぞ。

↑自分はラジオシャック(家電量販店)のギフトカードを150ドル分、1年以上も持っていて、使っていない理由は、本当にそこで欲しいものが何ひとつないため。真面目に電池でも150ドル分買おうかと思うよ。

↑早く使ったほうがいいよ。(経営状態が悪いので)もうすぐ倒産するかもしれないから。

↑タイミングがよければ、150ドルで会社ごと買えるかもしれないぞ。

●あげるならAmazonギフトカードにしよう。少なくとも何でも売っているし、現金に近い。

↑自分にとっては現金よりいいかも。少なくとも酒やドラッグに使えないからな。

●おもちゃ屋で働いていている。6年前にギフトカードが紙からプラスチックに変わったが、7年の間隔が開いても、まだ古い紙のカードを持ってくる客がいるよ。

●小売店がギフトカードを売るのが大好きなのは、使用されないカードは100%努力なしで利益になるからだ。そして全額使われたとしても、客がそのカードの額以上の商品を買ってくれる可能性が高い。

●こうなる理由は、みんなの不要なものが入った引き出しの中に、18セント(約22円)だけ残ったカードが何億枚と眠っているからだと思うんだ。


アメリカのニュースではありますが、日本でも相当額が眠ってそうですね。

期限が迫っているギフトカードやポイントカードがないか、年末年始の間に整理することをお勧めします。

TIL $44 billion worth of gift cards have gone unredeemed since 2008

Amazonギフト券- 印刷タイプ - Amazonボックス
Amazonギフト券 (2010-07-15)
売り上げランキング: 23

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。