2014年12月31日 11:30

「彼女を釣りに連れて行った…つらい」残念な結果になった写真

 

彼女を釣りにつれて行った00
フライ・フィッシングという毛針(フライ)を使う釣りがありますが、リールを使わないため、キャスティング(投げ)には独特のテクニックが必要となります。

海外の男性が、彼女をフライ・フィッシングに連れて行ったそうですが、そこは釣りざおにすら不慣れな初心者……。

痛々しいほど残念な結果となった写真をご覧ください。

彼女を釣りにつれて行った01
ぎゃーっ!

ほっぺたに刺さる釣り針。

痛々しいというか、痛い!

彼女を釣りにつれて行った02
そしてサングラスに映る苦笑いの彼女。

いや、ほんとにサングラスをしていて良かった……

むやみにフライ・フィッシングをやらせるのも、かなり危険なようです。

これは彼氏に同情するべきか、教え方、もしくは連れていった彼氏が悪いのかと、海外掲示板でも意見がわかれていました。

●映っている彼女のリアクションがグッド。少なくとも彼氏が自分撮りをしているのがわかるね。

↑来週は射撃場だ!

↑再来週は…何もないな……。

↑その方のご冥福をお祈りします。

●自分は専門家じゃないが、その写真はすばらしい。よく撮れてる。

↑彼女が「それ、私がやったの?」ってのが聞こえるかのようだ。

●きっと彼女は「アイ・フィッシング」と聞こえたんだよ。

↑iFishingを今すぐ買おう。

●彼はナイスキャッチをしたね。

●こういうのが理由で、オレも釣りをするときは必ずサングラスをしてる。

●釣り針は抜くのが大変なんだが、いったん反対側から出てくるまで押し込むんだ。それからカギになっている部分を切って、もう一度引き抜く。ちなみに破傷風の予防接種と抗生物質は必須。

●彼女のほうがずっと若そうだ。

(投稿者)実際は7か月しか離れていないんだ。

↑アウトドア生活と、フックは男を老けさせるんだよ。

●これはオレの悪夢だ。

●ナイスショットな写真に感心したよ……。


初心者がいるときは、慎重にことを進めないと危険が伴うようです。

この状態から針を抜くのは……想像したくありませんね。

So my buddy took his girlfriend flyfishing.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(4)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。