2015年01月28日 12:23

「猫と留守番することになった…妻がとても役に立つメモを残してくれた」

 

猫と留守番00
このかわいらしい猫と留守番することになった夫。

妻が猫に関するメモを残していたのですが、その内容が大変役に立つものだったそうです。

いったい何が書かれていたのかというと……。

猫と留守番01
エサ入れの前で、じーーっと見上げる猫。

そして妻のメモには……


猫と留守番02
「すでに彼(猫)にはエサを与えたので、ウソに引っかからないように!」


猫と留守番03
……。

あざとい!

猫あざとい!

でも、そのあざとさが魅力だったりするから困ります。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●「1回目の朝食は食べたよ、うん、でも2回目のは?」

↑「そして11回目のランチにアフタヌーン・ティ」

●「彼のウソを信じちゃダメ」
猫と留守番04

●メモを残しておかないと、うちの詐欺犬に飼い主の記憶を疑うように仕向けられる。

●うちはキッチンにホワイトボードがあって、ショッピングリストと同様に、妻と僕の間で情報共有している。うちの猫もエサに関してはビッチだからな。

↑もう少ししたらホワイトボードの消し方を猫が学ぶようになる。

↑そのうち書き方も学ぶんじゃないか。
「ネコにエサ、ニンゲン、オンナ」

↑消すところまで学んだら、もうエサをゲットする権利はある。

●その猫のお腹をなでたい。

↑3回まで撫でてよい。それ以上は噛まれる。それがうちの猫のルールだ。

↑うちの猫のルールは、腹に触ったとたんブチ切れる。

●もしかすると、それは猫宛てのメモで、投稿者の男に食事を与えたってことじゃないのか。

●ルームメートの猫もそれをするよ。だまされたら「ネコ詐欺」にあったと自分たちは呼ぶ。

●獣医的なアドバイスとして、猫にプラスチックの皿はダメだ。しっかり洗っても細菌が残る。

●どんでん返し:実はメモは昨日からあった。


飼い主たちが情報共有できていないと、ペットの食欲にだまされるケースは多いようです。

「女性は皆、生まれながらにして女優」という言葉がありますが、猫もエサのことなると、生まれながらに演技派ですね。

Wife left me a very useful note this morning

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。