2015年02月04日 12:33

「うちのご近所さんはひどい…」同情されていた大雪の翌日の写真

 

大雪の翌日00
雪がたくさん降った翌日は、家の周りがどうなっているのか気になるものです。

車の雪かきが必要だろうと思い家の外を確認した人が、「近所の人ひどいよ!」という気持ちにさせられたそうです。

同情を呼んでいた写真をご覧ください。

大雪の翌日01
うわっ!

左の車(ご近所さん)の雪が、右の車(自分)を完全にブロック!

自分の車だけを通れるように雪かきしただけでなく、隣の車を完全にふさいでしまっているのです。

隣人が自己中心的なのか、深く考えられないタイプなのかはわかりませんが、右の車の持ち主としては、頭を抱えてしまう状況です。

海外掲示板の反応をご紹介します。

●残されたオプションは、雪をもとの所有者に返す、だ。

↑さらに余分の雪を寄付しよう。

↑そして雪に用を足せ。

●近所の人と何か確執でもあるの? もしなかったとしても、たった今始まったな。

↑どんでん返し:全く関係のない他人が、社会実験としてこれを行った。

↑それが一番つじつまが合うな。

↑近所の人は、どうやって雪かきをするかの例を示しているんだよ。

●対策
1.夜まで待つ。
2.30cmの深さの雪のダムを隣の車の周りに作る。
3.水を入れる

↑あるいは、ホースで水を車全体に1時間おきくらい、一晩中かけ続ける。睡眠時間は減るが、スイートなリベンジができる。

●あるいは車が出かけるまで待って、雪を戻すんだ。それから上から水をまく。帰ってきた近所の人の、駐車場にできた氷に対するリアクションを見て笑う。

●自分がされたらめちゃくちゃ怒り、そこの家のドアをノックして理性的な会話をしようとする。

↑自分の経験からすると、理性的な会話の成功率は落ち込むほど低い。残念ながら理性的な会話に応えてくれるような人は、最初からこういうことをしない

●こういうのは強く出ないと多くの人が最悪なままなんだ。彼らのところへ行って、「いったいこれはどういうことなんだ、2度とこういうことはやめてくれ」と言えば、おそらく今後の防止になる。


アメリカ北部は大雪に見舞われているところも多く、雪かきに苦労している人にとっては他人事ではないようです。

My neighbors are the best.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。