2015年02月07日 13:41

「この風力の表し方はわかりやすい!」評判を呼んでいた天気予報番組

 

天気予報の面白い風力の表し方00
天気予報で「風の強さ」を報じるときは、「風速5メートル」といったように数字で表現するのが普通です。

しかし数字だけ言われても、いまひとつピンと来ない人も多いようです。

アメリカのある天気予報番組が、ユニークな風力の表しかたをしていると評判を呼んでいました。

天気予報の面白い風力の表し方01
それはなんと「ゴミ箱・風力メーター」というもの。

1.まっすぐ立っている。
2.倒れている
3.近所の人の庭へ
4.通りまで
5.失われる

もしもその場にゴミ箱が置いてあったら、どのくらい吹き飛ばされる風力なのかを、実感できる仕組みです。

海外掲示板の意見をご紹介します。

●やっと自分が理解できる単位になった。

●何と不思議な偶然。これはオレの「テキーラを飲んだ夜メーター」と一緒だ。

↑笑った。

●おお、ミズーリ州だね。

↑ジャーナリズムとしては優秀だよ。

●皮肉を言うと、この都市では缶のゴミ箱を使わせてくれないんだ。

●うちの地元では5番の強さの風だった。数日後に戻ってきたけどね。いったいどこに行ってたのかは、いまだにわからない。

●これは正確に伝わる方法だ。

●うちの地域予報もこれにしてもらいたい。近所の人はゴミ箱が風で移動するとわかってないやつが多いんだ。

●酔っ払いと幼児にも使える。


確かに数字よりもわかりやすく、ゴミ箱が吹っ飛ぶほどの強風だと思えば、備える人は増えそうですね。

ユーモアと実益を兼ねた、すばらしい予報ではないかと思います。

My local weather station has a creative way to measure the wind strength

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。