2015年02月23日 09:53

1000年前の仏像をCTスキャン→中のミイラ化した高僧が映し出される…海外の反応

 

仏像をスキャンしたらミイラ発見00
こちらは現在ハンガリー・ブダペストの国立自然史博物館にあるという、11〜12世紀に作られた中国の仏像。

オランダ人研究者が医療で用いるCTスキャンで調べたところ、中にいる高僧のミイラが映し出されたそうです。

仏像をスキャンしたらミイラ発見01
CTスキャンにかけられる仏像。


仏像をスキャンしたらミイラ発見02
こちらがスキャンされた写真。

鮮明に中の人物が映し出されています。

およそ1100年前に亡くなった高僧だといい、即身仏ではなく死後に供養として造られた「加漆肉身像」ではないかとみられています。(加漆肉身像 - コトバンク

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●疑問は、これを作られたときは彼が死んでいたのかってこと。

↑疑問は、彼は死んでいるのかってこと。

↑彼は死んでいるんじゃなく、深い瞑想中だ。

↑ノーだ。僧のコクーンなんだ。

↑きっとそれが彼の最終進化なんだ。

●他の瞑想する僧のミイラに関する投稿の内容が正しければ、瞑想する僧がそのポーズのまま亡くなってしまうことはよくあったそうで、そのまま乾燥させてミイラ化したそうだ。当時は瞑想の深い深い眠りと思われたらしく、間違いなく瞑想中に亡くなってから保管されたと思う。

●とにかく後生だからそれを開けるな。ホラー映画などではこういうところからモンスターがスタートするんだ。理由があって閉じられているんだ。

●シュレディンガーの僧侶。

●もともと中にミイラがあるとわかってCTスキャンをかけたそうだよ。
1000-year-old Chinese mummy gets CT scan in Amersfoort - NL Times

●隠れ場所としては最高だね。

↑12世紀もかかるかくれんぼなら世界チャンピオンだ。


唐代以降はよく作られたようですが、CTスキャンという現代の透過技術を組み合わせることで、1000年前とつながるのも不思議な気持ちになりますね。

2015年5月まではブダベストの自然史博物館で展示される予定だそうです。

CT Scan of 1,000-Year-Old Buddha Sculpture Reveals Mummified Monk Hidden Inside

Motif.スマホスタンド(仏像) SR-1104-190
セトクラフト
売り上げランキング: 75,526

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。