2015年02月27日 11:00

月額料金がこんなに下がるの!?スマホも電話番号もそのままで、ドコモから格安SIMに乗り換える手順まとめ

 


通話し放題プランの導入で、一気に高くなったスマホの月額料金。アプリラッシュも落ち着き、だんだんと使い方もこなれてきたというのに、上がっていく一方の月額料金にウンザリ!なんて感じている人は、かなり多いようです。

でもそういう人に最適な、 格安のSIMカード が発売されていることは、意外に知られていないんですよね。 特にドコモなら、電話番号もスマホ本体もそのままで、月額だけ激安にできるのに…!

そこで、ドコモのスマホから格安SIMへの乗り換えを実践したところ、 2年間で約10万円もの節約を実現。 その乗り換え手順をまとめてみました。

ドコモの回線で最安値のDMM mobileに乗り換えてみよう


今回乗り換えを行ったのは、あのDMM.comが提供する携帯電話サービス、『DMM mobile』。

このサービスはドコモの回線を使って、激安プランで携帯電話サービスを提供してくれているのですが、同じドコモ回線なのに、料金プランが全然違うんですよ!

詳しくはこちら。

DMM mobile - DMM.com

同じドコモ回線なのに、月額料金がこんなに違う!?


さて、今回実際に乗り換えてみるスマホが、こちらのARROWS NX F-02G。おサイフケータイ、テレビ、指紋認証、防水などなど、ドコモならではの全部入りハイエンドスマホです。

ではまず、DMM mobileに乗り換えるとどのくらいの料金メリットがあるのか、試算してみましょう。


このスマホは、5GBの高速通信とかけ放題の「カケホーダイプラン」で契約しているのですが、月額基本料金は8,000円。そこに端末購入割引として、1,450円が24ヵ月割引かれます。つまり ドコモの月額は実質6,550円です (本体は一括払いで購入したので、分割金はありません)。

ところがかけ放題ではないものの、同じ5GBの高速通信がついたDMM mobileのプランは、 月額2,380円と、なんと半額以下。

仮に2年間使ったとすると、 差額はなんと100,080円。

もうタブレットとかPS4とか余裕で買えちゃう額じゃないですかっ…!

ドコモならスマホはそのままでOK!

また意外と知られていないのですが、DMM mobileはドコモのLTE対応スマホがそのまま使えるので、わざわざ新しいスマホを買う必要はありません(もちろん買い替えることもできます)。

DMM mobile 動作確認端末一覧

スマホは定番アプリや電話帳、ゲームやメッセンジャー、写真など、大切なデータと思い出と苦労の結晶なだけに、使い勝手はそのままで乗り換え出来るというのは、大きなメリットですよね。

DMM mobileに乗り換える前の注意点

ただし乗り換えにはいくつか制約があるので、乗り換える前に一応確認しておきましょう。

docomo.ne.jpのメールアドレスは使えなくなる
ドコモとの契約ではなくなるので、メールアドレスはなくなってしまいます。とは言っても、最近はLINEやFacebookなどでのコンタクトが多いので、あまり影響はなし。必要な場合は、Gmailなどの高性能な無料のメールアドレスを取得して、先に友人や知人に連絡しておきましょう。

通話はかけ放題ではない
この基本料金なので、通話は30秒20円の従量制です。とは言え、最近はLINEその他無料音声通話サービスや、激安のIP電話サービスなど、色々な通話手段があるので、実のところあまり困りません。

乗り換えには費用がかかる
例えばドコモの2年契約をしている場合、更新月でないタイミングだと、ドコモの解約金9,500円、MNP転出料2,000円と、DMM mobileの契約事務手数料3,000円の、計14,500円がかかります。
結構な額に思えるかもしれませんが、5GBプランで乗り換えれば、たった3.5ヵ月で浮いてしまう…と考えると、むしろためらう方が高くついちゃうんですよ…!

テザリングはできなくなる(SIMフリースマホを買えば解決)
またドコモのスマホは、ドコモが販売時に制約をかけているため、テザリングはできなくなります。ただ最近はスマホでなんでもできてしまうので、あまり必要ないかも。どうしても必要な場合は、Ascend Mate7などのSIMフリースマホ(実売5万円程度)に変えれば、問題なくテザリングもできます。

特に問題なさそうでしょうか?では実際に乗り換えてみましょう。

手順(1)MNPの手続きをする

 
まずは今のドコモの携帯電話から(局番なし)151にかけて、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)の予約番号を発行してもらいましょう。またはwebからMy docomoにアクセスして、予約番号を発行してもOKです。


webの手続きだと、色々な注意書きや手続きの費用、解約の費用などをしつこく表示して引き留めてきますが、 月額料金を半額以下にしたい!という強い意志を持って、最後の画面まで行きましょう。

手順(2)DMM mobileに申し込む

続いてDMM mobileの申し込み画面から、新規契約をしましょう。

DMM mobile - DMM.com


スマホだけ乗り換えるなら、利用頻度に合わせてシングルコースの中から好きなプランを選びましょう。料金プランは毎月変更できるので、とりあえず一番安いコースでも大丈夫です。


またLTE対応タブレットやWi-Fiルーターも使うヘビーユーザーなら、8GB、10GBが最大3枚のSIMでシェアできる、シェアコースもオススメですよ。


今回は持っているスマホ本体をそのまま使うので、SIMのみのコースを選択。カードサイズは、使うスマホと同じものを選びましょう。

そして忘れずにMNPを選び、オプションは好みで選んでおきましょう。


続いてドコモの携帯電話番号、MNP予約番号を入力し、連絡先などの必要事項を入力。


すると確認メールが送られてくるので、リンク先からクレジットカード情報と、免許証などを撮影して本人確認書類を登録し、申し込みは完了です。


ちなみに新しいSIMが届くまでの期間はおよそ3〜4日ほど。

発送通知メールに記載された、SIMの到着日にMNPの手続きが行われるので、その時間までは今使っている回線もSIMもそのまま使えます。

手順(3)届いたSIMを差し替える


そして1週間ほどで新しいSIMカードが届いたら、スマホに刺さっている古いSIMカードと交換しましょう。


交換すると再起動を促される場合があるので、指示に従って再起動しましょう。

手順(4)APNを設定する


そして最後に、スマホの設定からAPN設定をしましょう。ARROWS NX F-02Gの場合は、「データ通信・機内モード」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」を選びます。他の機種でも、似た項目があるので探してみましょう。


そして「+」ボタン(新規作成と出る機種もある)をタップし、名前に「DMM mobile」(好きな名前で良い)、APNに「vmobile.jp」、ユーザー名に「dmm@dmm.com」、パスワードに「dmm」と入力し、忘れずにメニューから「保存」を選びましょう。


そして最後に、今作ったAPN情報を選べば設定完了。Wi-Fiをオフにした状態で、アンテナ表示の部分に「3G」「LTE」「4G」などの表示が出ればOKです。

少し時間がかかる場合があるので、1〜2分は待ってみましょう。

乗り換え後の動作をチェック!

最後に一応、動作チェックをしておきましょう。


まず友達に電話をかけてみると…うん、電話番号は前と同じまま。履歴などもそのまま残っています。


LINEも、特に今までと変わらず、友達やメッセージ履歴もそのまま。

またワンセグやNOTTVの視聴も問題なし。dアニメストアやdビデオなどのドコモのサービスは利用していませんでしたが、必要であるならドコモIDを新たに取得すれば、DMM mobileでも利用できるようです。


ちなみに通信速度も、事前に行っておいたスピードテストの結果を比べてみると、さすがに値段が倍以上するドコモのプラン程までは出ないものの、必要十分な速度が出ていました。

うーん、これだけの使い勝手で、月額が半額以下とは…ステキです!

ちなみに今回はドコモのスマホで試してみましたが、今年始まると言われるSIMロックフリー義務化が始まれば、スマホはそのままでauやソフトバンクからも乗り換えができる可能性もありますよ!

DMM mobile - DMM.com

DMM mobileを選ぶ理由

ちなみに格安SIMは他社からも色々と出ているのですが、DMM mobileは業界最安値であることを大きな売りとしているようです。


実際に代表的な格安SIMのスマホプランを比べてみると、高速通信容量と月額料金ではDMM mobileはかなりコスパが高めなのがわかります。

料金プランの変更、料金追加はもちろん、高速通信分の翌月繰り越しができるなど、使い勝手がいいのもDMM mobileのメリットです。

縛りらしい縛りと言えば、通話SIMに限って1年以内の解約をした場合に、違約金がかかるのみ。かなり緩めです。


そして高速データ通信を使い切っても、テキストなどの少量の通信が高速で通信できる「バースト機能」があるので、メッセンジャーサービスやメールなどはストレスフリーなのも大きな特徴の一つ。


またコントロールパネルから高速通信の残りが確認できたり、高速通信をオフにして高速通信分を節約できるのも、嬉しい機能です。


そしてDMMユーザーにとって嬉しいのが、利用額の10%がDMMギフト券で還元されるこのサービス。

DMMの色々なサービスで使えるDMMポイントがもらえるので、あんなことやこんなことにムッフッフ…ゲフンゲフン!

まあいろいろなDMMのサービスを見てみれば、この嬉しさはきっと理解できることでしょう。

スマホ料金を見直して、無駄な出費を節約しよう!

初めてスマホを手にした時は、色々なことができることが楽しくて、いろんなサービスや色々なアプリを楽むもの。

しかし1年2年と使ってみると、だいたい使い方も決まってくるものです。

ある程度使い方が見えてきたなら、いつまでも高いままの基本料金を払い続けるのはただの無駄。

乗り換えで毎月の支出を抑えて、浮いた分をより充実した人生に費やしてみる…なんて、いいかもしれませんね。

ちなみにもしスマホ本体も同時に購入するなら、3月2日〜31日まで最大5,000円分のDMMポイントがもらえるキャンペーンもやっているので、検討するならお早めに!

DMM mobile - DMM.com

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。