2015年03月13日 20:05

ひな鳥が「全く別の生き物」に変身…過酷なアマゾンで生き延びるため驚きの進化

 

「ハイイロモンキタイランチョウ」00
弱肉強食の厳しいジャングルの奥地で、ひな鳥が生き延びるのは簡単なことではありません。

アマゾンの密林に生息する「ハイイロモンキタイランチョウ」のひな鳥は、全く別の「ある生き物」に擬態することで、生存率を高めているそうです。

その生き物が何なのかというと……。

「ハイイロモンキタイランチョウ」01
こちらがハイイロモンキタイランチョウのひな鳥。

親鳥よりもずいぶん派手と言うかファンキーというか、これでは外敵にすぐ見つかってしまうのでは?

しかし心配にはおよびません。


「ハイイロモンキタイランチョウ」02
変身!


「ハイイロモンキタイランチョウ」03
ぐるんと丸まって……。


「ハイイロモンキタイランチョウ」05
別の何かになった!?


「ハイイロモンキタイランチョウ」04
答えはなんと毛虫

フランネル・モスという蛾の幼虫(猛毒あり)にそっくりなのだそうです。

映像はこちら。

laniocera - YouTube

動いていると完全に毛虫そのもの。

猛毒の毛虫と勘違いさせることで、天敵である大きな鳥などに襲われる確率を減らしているとみられています。

過酷なアマゾンならではの生命の神秘ですね。


「ハイイロモンキタイランチョウ」06
オリジナルのフランネル・モス。(モザイクを外した画像はコチラ

An Amazonian Bird’s Smart and Sneaky Survival Mechanism

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。