2015年03月17日 21:15

支え合って10年…盲目の男性と両腕のない男性が助け合い、1万本の植林を達成

 

両手のない男性と盲目の男性の共同生活00
中国・河北省に住むJia Haixaさんは目が不自由で、Jia Wenqiさんは両腕がありません。

しかし2人は互いのハンデキャップを補い合うことで、健常者が一生を懸けてできる以上の仕事を成し遂げていると言います。

故郷の近くで10年以上をかけて、洪水を防ぐため1万本の植林をしてきたのです。

1.
両手のない男性と盲目の男性の共同生活01
同じ53歳の2人は朝7時に起床し、苗を買うお金は持ってないので、挿し木のための枝を採りに行きます。


2.
両手のない男性と盲目の男性の共同生活02
Jia Haixaさんは子供のころに先天性白内障のため失明、Jia Wenqiさんは感電によって両手を切断しました。


3.
両手のない男性と盲目の男性の共同生活03
木登りもチームワークをフルに発揮。


4.
両手のない男性と盲目の男性の共同生活04
電話をしているとき。


5.
両手のない男性と盲目の男性の共同生活05
主に植林に使うのは、成長の早いポプラ。


6.
両手のない男性と盲目の男性の共同生活06
自らの境遇をポジティブに捉えているという2人。

片方が目となり、片方が腕となる日々を10年以上続け、植林した本数は累計1万本に達したとのことです。

今後も支え合い、笑い合いながら、環境保全のため2万本、3万本と植林していくことでしょう。

Who Would've Thought What These Guys Could Accomplish

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。