2015年03月19日 08:40

「ラスベガス郊外の住宅地を空から撮影すると…こんなことになってたの!?」とても印象的な1枚

 

ラスベガスの住宅街の外れ00
ラスベガスと言えばカジノと娯楽の街。

中心地にはきらびやかなネオンやゴージャスなホテルなどの施設が立ち並びますが、住宅地はどんな風景なのでしょうか。

とても印象的だと話題を集めていた、上空からの写真をご覧ください。

ラスベガスの住宅街の外れ01
不自然なほど人工的な境界線!


ラスベガスの住宅街の外れ02
住宅エリアを一歩出ると、そこは不毛な砂漠なのです。


ラスベガスの住宅街の外れ03
元々ラスベガスは砂漠の広がるオアシスで、今のようなカジノの都に発展したのは、第二次世界大戦後だそうです。


ラスベガスの住宅街の外れ04
(1954年のラスベガス)

この住宅地に対する、海外掲示板のコメントをご紹介します。

●(家と道路が)波打ってるのはわざとなの? 興味深い。

↑ひとつは庭が実際より広く見えるトリック効果がある。もうひとつは道路がカーブすることで車のスピードを落とさせるため。

↑僕は落とさないよ。よーし、ぶつかるか試してみよう。

●まるで未来の火星だな。

↑火星のほうが、まだそこより陰鬱じゃない気がする。

●そこは結構アッパーな中流の住宅街に見える。ラスベガスの中心部から離れた郊外に住む傾向があるから。
ハイスクールは何もない砂漠のど真ん中に建てられ、その周りに家が建っている。残念なことにこういうタイプの家は毎年どんどん増えているが、買う人はどんどん減っている。自分は23歳だけど、ほとんどの友人はこういう家なら安いからその年齢でも買える。
ラスベガス育ちなので言うと、この郊外はかなり特殊で、実際はいろんなタイプの郊外がある。都市が成長しつつあるからね。

●ここかい?


●なんて無駄なんだ。ラスベガスのような沙漠の真ん中にある地域では、少なくとも芝生は禁止すべきだ。すごい量の水が無駄になっている。もともとない芝生を保つためにね。

●ラスベガスに行ったとき、住宅街ではかなり高いレンガの壁ばかりが目立っていた。この理由は何?

↑近所の人が嫌いなんだよ。


なかなか悪くないと言う人から、自分には住めそうにないという人まで賛否が分かれていました。

繁華街のイメージが強いだけに、周りの沙漠のイメージは少ないかもしれませんね。

Vegas suburbia

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。