食品 PR / coush / URL
2015年03月20日 11:00

お花型にドクロ型…!?フリスク発売30周年を記念して、インパクト絶大な村上隆デザインの限定版フリスク ネオが発売開始

 


世界中で愛されるあのフリスクが世に出て、はや30年。

その30周年を記念して、コンビニ限定の フリスク ネオ リミテッドエディション2種類 が、16日から発売されました。

この限定版フリスク ネオ、日本を代表するアーティストである村上隆とのコラボレーションで、メタルケースからタブレット形状まで専用に作ったというこだわりよう。

さらにフレーバーもトウガラシ成分まで加えたフリスク”最恐”ミント『フライトニングミント』に、春香る『ブルーミングチェリー』と、フリスク好きなら試さずにはいられない新フレーバー。

そこで早速試してみたところ…結論から言いましょう、これは無くなる前に、急いでコンビニに走った方がいいですよ!

フリスク史上”最恐”ミント『フライトニングミント』


まずは、フリスク”最恐”とされる、トウガラシ成分を配合した『フライトニングミント』。

村上隆デザインのドクロ柄のケースは、おどろおどろしさたっぷり…。ケース自体にも絵柄に合わせて凹凸がつけてあり、飾りたくなるほどの質感がいい感じ。


タブレット形状も通常のフリスク ネオとは異なる、ホワイト&ブルーのツートンカラーのドクロ型!

ケースも中身も明らかにデンジャラスな雰囲気が漂っていますが、食べてみると…うおぉ、ミントが強烈にスーッと来ると同時に、ピリッとした辛さ!

これはシャキッとしたい時のために、限定じゃなくて常時販売して欲しいなぁ…!


ドライブ中の眠気覚ましにも、そしてインテリアとしてもいい感じ。知らない人でも思わず注目してしまうインパクトがまたいいですね。

春香るチェリーの風味が優しい『ブルーミングチェリー』


そして春香る『ブルーミングチェリー』は、村上隆氏の作品『カイカイとキキ』の華やかな春らしい彩りのデザイン…って、キキの迫力がすごい!!


ケース裏面は、表面とはまた違うデザイン。こっちのキキは笑顔なのも面白いですね。


ブルーミングチェリーのタブレットも、村上氏の作品をモチーフにしたお花型。かわいらしくて、女性に見せた時すっごくウケがよかったんですよ。

フワッとしたチェリーの香りが心地いいブルーミングチェリーは、食べてみると優くフルーティーな甘みに、ほんのりとしたミントの癒される味わい。

ちょっと疲れてる時には、ホッとした気分にさせてくれそうです。


いずれのケースも、そのデザイン性の高さはお菓子とは思えず、飾っておきたくなるほど。食べ終わった後も、小物入れとして使いたくなりますね。

コンビニだけの数量限定販売、欲しい人はお早めに!


ちなみにこの2種類のフリスク ネオは、フリスク発売30周年を記念して発売されたもの。

こうした大きな節目で、日本を代表するアーティストである村上隆さんとのコラボレーションなんて、同じ日本人としてつい嬉しくなってしまいますね。


なおこの2種類のフリスク ネオ リミテッドエディションは、コンビニだけの限定発売。しかも数量限定なので、欲しい人はお早めに。

FRISK Neo Limited Edition

FRISK JAPAN

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。