2015年03月31日 20:24

瀕死だったマナティの赤ちゃんを保護…懸命のリハビリによって元気になった!

 

マナティの赤ちゃんを保護した少年00
中米の国ベリーズで、船に衝突して死亡したと思われるマナティの母親が発見されたそうです。

残された赤ちゃんもケガを負っており、瀕死の状態だったことからリハビリセンターに引き取られることになりました。

世話役を担当することになったのは、ボランティアに参加していた19歳の少年。

看護とリハビリの様子をご覧ください。

1.
マナティの赤ちゃんを保護した少年01
左がミッチェルと名付けられた赤ちゃんマナティ。右が世話役を担当することになったミッチェル・トーマス君(19歳)。(彼の名前が付けられたのかも)


2.
マナティの赤ちゃんを保護した少年02
衰弱し、肋骨を痛めていたミッチェル。皮膚が乾かないようにTシャツを着せて水を掛けています。


3.
マナティの赤ちゃんを保護した少年03
自力で泳いだり浮かんだりできないことから、溺れないようにこうして一晩中サポートをしていたとのこと。


4.
マナティの赤ちゃんを保護した少年04
食欲が出てきたのか、指をくわえて授乳しようとするしぐさをしたことから、鼻からチューブを通して栄養補給。


5.
マナティの赤ちゃんを保護した少年05
こうした手厚い介護によって命を取り留め、徐々に食欲も取り戻し、泳げるようになりました。


6.
マナティの赤ちゃんを保護した少年06
トーマス君によると、母親がいない寂しさからか、誰かがプールに入るとすぐに寄ってくるほど人懐っこいそうです。


7.
マナティの赤ちゃんを保護した少年07
最初は生死をさまよっていたとは思えないほど、元気を取り戻しました。

保護団体であるWildtracksによると、十分に育ち、自然の中で生きていけると判断したら、海に帰す予定だそうです。

Teen saves baby manatee

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。