2015年04月14日 20:35

黒猫が他の動物たちを付きっきりで看病…ポーランドで評判に

 

看護猫00
黒猫のRademenesa(オス)は、今ポーランドでもっとも有名な猫となりました。

生後2カ月のときに動物保護施設に引き取られ、気道の炎症の治療を受けたのですが、すっかり元気を取り戻すと、今度はなんと他の動物たちの看護をするようになったのです。

猫や犬たちの横で、ぴったりと添い寝をする様子をご覧ください。

1.
看護猫01
点滴のチューブを付けられて治療を受ける猫。そして、その足元にぴったりと寄り添うRademenesaの姿。


2.
看護猫07
どの猫に対しても……。


3.
看護猫04
相手が犬であっても……。


4.
看護猫05
付きっきりで、そばに居続けてくれます。


5.
看護猫08
犬の表情もおだやか。


6.
看護猫06
頭をなめてあげるところ。


7.
看護猫02
「ぺろっ」

同じように治療を受けたRademenesa自身が、人間や動物たちのふれあいによって助けられたという経験が、こうした行動をとらせているのかもしれません。

不安な病院生活も、隣にこうして付き添ってくれる存在がいるだけで、大きな心の助けとなってくれることでしょう。

The Incredible Nursing Cat

心に響く小さな5つの物語 (小さな人生論シリーズ)
藤尾 秀昭
致知出版社
売り上げランキング: 5,611

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(4)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。