2015年04月16日 12:39

「金持ちがレストランでランチを食べた後のレシート」が桁違いだと話題に

 

金持ちがレストランで食べた後のレシート00
裕福な人々が利用することで知られるニューヨークのレストランがあるのですが、そのランチのレシートが話題を呼んでいました。

驚きの金額をご覧ください。

金持ちがレストランで食べた後のレシート01
ずらずらと金額が並ぶレシート。

6人分のランチだそうですが、その詳細は……。

1 シーフードスパゲティ  $39.00(約4600円)
1 シシリー風トマトパスタ $36.00
1 ミラノ風ヒレカツ $55.00
1 アーティチョーク・サラダ $18.00
2 パルメザン・チーズ $28.00
1 LG水 $12.00
5 タウニー40(赤ワイン) $275.00
2 トリュフのカルパッチョ $200.00
3 ネロのアスパラガス $60.00
3 カプチーノ  $27.00
3 カラマリ(イカリング) $40.00
2 生ハムとモッツァレラチーズ $68.00
2 エスプレッソ $15.00
1 ティラミス $15.00
1 ミネストローネ・グリーンスープ  $18.00
3 ラ・ターシュ・ロマネコンティ $15000.00(約180万円)
2 シャトー・ペトリュス $10000.00
2 ジョニー・ウォーカー青ラベル $150.00
3 トリュフ・タリオリーニ・スパゲティ $585.00
2 クリスタルローズ・シャンパン・マグナム $10000.00(約120万円)
------------------------------------------------
$36641.00
税金 $3251.00
小計 $39892.89
チップ $7328.20
総額 $47221.09 (約562万円)

562万円!?

6人分で、目が飛び出るほどの金額。

「Nello’s」というニューヨークのレストランでの、たった1度の食事と飲み物代とのことです。

あまりの高額さに、海外掲示板にはいろいろな意見が寄せられていました。

●これは裕福な連中が、何を飲んでいるかを教えてくれるな。

↑興味深いのは、そのクリスタルローズマグナムの2ボトルのシャンパンで、1本当たり500ドル(約6万円)くらいで売ってるのだが、ここでは2本で1万ドル(約120万円)も請求しているってこと!

↑それを言うならLGの水に12ドル(約1400円)はどうなの?

↑自分はサムスンしか飲まないぜ。

↑自分もその500ドルのシャンパンに1万ドルの値段がついていることに最初に気づいた。それってものすごい上乗せだよね。収穫年にもよるけど、シャトー・ペトリュスは1本1000ドル(約12万円)くらいすることもあるので、5本で5000ドル(約60万円)はまあまあ妥当だと思う。5000ドルということは5倍の上乗せなので、特に高価な年のものじゃないかもしれない。

↑それでさえ一番の上乗せではない。水12ドルはきっと水道から0.01ドルしかかかってないだろう。

●誰かの飲み代で、誰かの学費が出るみたいに感じる……。

●誰かの飲み代で、最低賃金2年分って気もするぞ。

●計算してみると、食べ物はたった1162ドル(約14万円)で、6人で割ると1人あたりは193ドル(約2万3千円)だ。それは高級店ならありそうな金額だ。トリュフを食べてなければもっと安いしね。

●基本的にここはスーパー・リッチのためのカジュアルなランチ用レストランなんだ。食事の金額は料理からすると普通と言われている。そこなら周りもリッチな人がたくさんいる環境というだけで、ニューヨークにはその半分の値段で何百倍もおいしいところはある。でもそうするとあまり裕福でない人々と食事をしなくちゃいけない。

●自分の教育費用より高い……。

↑「そうですね。シャトー・ペトリュス1本と電気エンジニア科学の学位を1つください」

●ハンプトンにいた頃、ナイトクラブでビールを2本頼んだら、相手は「50」と言ったので、「いや10本じゃなくて2本なんだ」というと、また「50」と言った。悲しくなって店を出た。

●水が12ドル? 大きなサイズなのか?

↑アルコールに1万〜1万5000ドル出す人間が、12ドルを気にするとは思えない。

●行ったことある。自分が払ったわけじゃないが、ダイエットコーラが10ドル(約1200円)した。おかわりなし。食事は特に覚えてないので、値段ほどはおいしいと思わなかったんだと思う。

●時間14:39。これランチだったんだ……。

●「みんな、大丈夫だ、会社の経費に載せておくよ」

↑製薬会社の役員より。

●7本の酒で3万5000ドル(約416万円)。1本当たり自動的に1000ドル(約12万円)のチップ。

↑こういう1テーブルにつき7000ドルも稼げるところで働いてみたい。

●フランク・リッチ(エッセイスト)にクリス・ロック(コメディアン)が率直に話をしていた。「ああ、みんな裕福な人がどれくらい裕福かを全く知らないね。もし貧困な人々がどれくらい裕福かってのを知ったら、暴動が起きる」と言っていた。そして3つの心理科学の研究で、ロック氏が正しかったことが証明されている。我々はどれくらい不公平になってきているか気づいていない。

桁ちがいなレシートに驚くばかりですが、これがリッチな人々の日常(あるいはそれ未満)のようです。

金持ちは貯めこまずに、たくさん使ってくれたほうが景気はよくなるのですが、感情面では割り切れないという意見が目立っていました。

What the rich are eating.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(7)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。