2015年04月19日 17:35

「アメリカ企業のトップの収入は、従業員よりもこんなに多いの?」…海外の反応

 

格差
アメリカには世界の富が集中しているため、アメリカ国民もさぞかし裕福だと思うところですが、富裕層と庶民の「格差」は尋常なレベルではなくなっています。

そのた先進国と比べても、企業のトップであるCEO(最高経営責任者)と従業員との給与の差が激しいことが、数字で示されていました。

CEO Compensation in the US Vs. the World

アメリカのCEOの年収は一般の従業員の年収のなんと400〜500倍(中央値)に達しています。(イギリスは22倍、フランスで15倍、ドイツで12倍)

格差2
分析によるとピークよりは下がっているものの、昨年は295.9対1という数字。(ピークは2000年の383.4対1)

1965年には20:1、1978年に29.9:1だったことを考慮すると、格差の広がりは凄まじいものがあります。

海外掲示板には多くのコメントが寄せられていました。

●ただしCEOは給与だけじゃなく、株を持っているというのもある。

●今から100年くらい早送りをしたら、王様が金のトイレに座ってそうだ。

●最低賃金はまだ8ドル(約950円)以下だ。インフレ率はどれくらい?

●フランスでは、SOSというグループの下、CEOの給与は10倍までに制限されている。

●もちろんアメリカのCEOはドイツのCEOより40倍優れているってことだよ。

●アメリカってどうなってるの? 最低限の生活費より少ない賃金は受け入れられているの? なぜそれが受け入れられているのか理解できない。高い地位の人が高い給与は理解できるけど、全体との割合が悪すぎる。

●昔の日本のJALの社長の記事を思い出したよ。
(参照:JAL社長の給料がパイロットより低い…「アメリカとは大違いだ!」アメリカ人たち大絶賛

●もっと差のある会社もあるよ。ウォルト・ディズニー社は昨年、CEOは4370万ドル(約52億円)の年収収入で、従業員の年収の中央値は$19,530(約232万円)だった。これは2238対1に当たる。
ソース:(Worker Pay Gap Data Remains Hidden


アメリカに限らず、世界中でCEOの収入は大きくなっているのがトレンドとのことです。

現在、世界のトップ1%が富の半分を独占しているとの調査結果がありますが、このまま格差が広がると、どんなの世の中になっていくのでしょうか。

The owner of a credit card processing business in Seattle is raising his employees' minimum wage to $70,000 by cutting his own salary. “The market rate for me as a C.E.O.

仕事。
仕事。
posted with amazlet at 15.04.18
川村 元気
集英社
売り上げランキング: 2,417

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(5)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。