2015年04月20日 12:27

「ウォルマートは客がどのくらいバカなのかを知っている」海外で話題を呼んでいた注意書き

 

ウォルマートのお知らせ00
お店の「お知らせ」や「注意書き」は、サービスや安全の一環で作られているものですが、海外のウォルマートの注意書きが「これはちょっとどうなの?」と疑問に思われていました。

「ウォルマートは客がどんなバカなのかを知っている」と題された文面をご覧ください。

ウォルマートのお知らせ01
「プリントサービス1時間をご利用のお客様の待ち時間は1時間です。よろしくお願いします。」

あまりにそのままで、客をバカにしているか、それとも客がバカなのかと、海外掲示板には多くのコメントが寄せられていました。

●こうした警告や知らせは、誰かがトラブルを起こすまでは誰も作りはしない。このお知らせが存在するのは、大勢が1時間サービスの待ち時間に1時間も待たされたと文句を言ったからなんだ。これは客の愚かさを想定して作られたものではなく、客の愚かさのリアクションとして作られたものだ。

↑その理論を利用して、昔の皿洗いの仕事をしていた時代はおもしろかったよ。いろんな「お知らせ」を作っていた。
「残り物を食べてはいけない」
「制服を食洗器に入れない」
「食洗用の水を飲んではいけない」

↑>「残り物を食べてはいけない」
これが理由で、その仕事をしているのに。

↑10代の頃の皿洗いは、客が手をつけないご馳走にありつけるのが最高の時間だった。

●「1時間サービス」は実際は15分くらいしか掛からない。だけど混雑時やもしものときのためにクッションとして1時間に設定している。なので1時間してから戻れば出来ているものなんだ。このウォルマートでは1時間サービスとあれば、みんな15分くらいで出来ると想定しているんじゃないかな。

●これはウォルマートだけじゃないね。プリントサービスを扱う店長をしていたことがあるが、週に2〜3回は質問されていたよ。でも答えても信じてくれない。
一度、「この1時間サービスにどれくらいかかる?」と聞かれたので、「なんとか20分で仕上げるようにしてみます」と答えたが、20分後に戻ってきて写真ができていないと超絶に怒り出すんだ。

●小売店で働いていた自分の意見では、客はこれを読まない。

●ほとんどの小売店でも当てはまるね。「PS4」が出たときにターゲット(スーパーマーケット)で働いていた。土曜日にPS4があるかと聞かれたが残念ながら在庫はなく、次の入荷日もわからず、最速でも次のトラックが来るのは火曜日なので、その日に電話で確認してほしい説明しても、その日の午後、次の日(日曜日)翌々日(月曜日)にも来店し続けるんだ。
ちょうどそのとき、「アナと雪の女王」のおもちゃとアクセサリーを同時に扱うおもちゃ売り場の担当もしていて、それらも同じ状況だったので、押し寄せる客の大波に頭から飛び込みたくなる日もあったよ。
さらに他の客に対応しているのを待てない客というのがいる。800ドルくらいの売り上げになる客の対応中に、3分が待てずズンバのゲームを持ってい来いと怒鳴る女性がいた。

●釣りのルアーを買いに夜中の1時にウォルマートに行った。他の店はどこも開いていないからだが、2度と行かない。いったい夜中の1時に5歳の子供をおもちゃ売り場で遊ばせるなんて、どういう親なんだ。

↑夜中の1時に1時間サービスを使うやつじゃないかな。


客としては待たされたり、在庫が切れていたりするとストレスを感じますが、店側には店側なりの苦労があるようです。

困った客がいるのはどこの国でも変わらないようですね。

Walmart knows exactly how stupid majority of their customers really are

ペンギンおにぎりベビー A-76204
アーネスト
売り上げランキング: 7 位

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(4)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。