2015年05月01日 12:15

「子供の頃はつらい罰だったのに、大人になるとご褒美に感じるものはある?」一番多かった回答は…

 

子供時代の罰
小さな頃には、親からよく罰を受けたという人も多いと思います。

どんな罰かは家庭ごとに変わるものですが、
「子供の頃にはつらい罰だったのに、今の自分にとってはむしろご褒美だ、と言うものはある?」と、海外掲示板に質問がありました。

回答を抜粋してご紹介します。

●「ちゃんといい子でいないと、この車の向きを変えて今すぐ家に帰って、ベッド行きよ!」

●子供の頃の自分は、母親が自分の好きじゃないことをするたびに、「ママ、タイムアウト!」と言っていたらしい。
すると母親の答えは「すばらしいわ、ええと3分? 10分? それとも3時間くらい?」だった。
今なら、子供の面倒を見る施設で働いているので、それがよく理解できる。

↑自分もタイムアウトしたい。何もしないでいいという休憩だから。

●自分の部屋に行きなさい。

●早く寝かされること。

●週末にどこにも出かけないで何もしないこと。今ではそれは祝福だ。

●「自分の部屋に行って、ひとりで時間を過ごしなさい!」
当時「ノォォォォォォ!」
現在「おお、ありがとう、平和で静かな時間」

●幼稚園の先生が男の子たちに、「いい子にしていないと口にキスをするわよ」と言っていた。その先生はかなり魅力的だった。

●女性から「歯を磨いて、ベッドに行くのよ」と言われること。

●うちの両親は罰として、友達と遊ぶ代わりに食後2時間のピアノの練習をさせた。今では食後に鍵盤の前へ行くのが待てないほどだ。

●女の子の横に座らされること。

●お風呂。

●ホームセンターに行くこと。子供の頃は拷問だったが、大人の自分は大好きだ。

●静かにしている時間。子供のときはこの反省の時間が嫌いだった。大人になったら静かな時間を求めている。特にストレスいっぱいの仕事のあとはね。

●プレゼントが靴下ってこと。今では暖かくて良い靴下を誰かくれないかなと思う。

●お昼寝。子供の頃は昼寝の時間が大嫌いだった。だけど今は大好きだ。

●お尻ぺんぺんされること。

●芝刈り。

●「今週は外出禁止」


一番多かったのは、何もしないでいることでした。

大人と子供で、物の見方が変わるものですね。

What is considered punishment as a child but a reward as an adult?

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。